プロバスケ選手ら市長訪問 13日は「熱いプレーを」

スポーツ

[ 2014年 9月 4日 木曜日 12時20分 ]

 13日に飯田市内での初試合に臨む日本プロバスケットボールbjリーグ所属の「信州ブレイブウォリアーズ」の関係者が3日、市役所の牧野光朗市長を訪れ、当日の熱いプレーを約束した。

 チームを運営する「信州スポーツスピリット」(千曲市)の片貝雅彦社長と河合竜児ヘッドコーチ、仲西翔自主将が訪問。10月に開幕する今シーズン(ホーム・アウェイ計52試合)への応援や引き続きの協力も求めた。

 13日は「プレシーズンゲーム飯田大会」(南信州新聞社など後援)として、「三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ名古屋」と同市鼎体育館で午後2時から対戦する。前座として市内のミニバスチーム(女子・男子)の対戦も企画し、開場時間は一般は同11時半。前日は子どもたちへのクリニックを予定している。

 参入3シーズン目の昨季は東地区4位となり、初のプレーオフに進出したウォリアーズ。仲西主将は「13日は今シーズン最初の試合。子どもたちに夢を与えられる熱い試合ができれば」と意気込みを伝えた。

 河合ヘッドコーチは愛知県豊橋市出身といい「飯田を遠くに感じない。リニア開通や東京五輪もあり(今後にチームの)南信の拠点になれば」と期待。片貝社長も「来年も試合を開催できるよう、いいプレーを見せたい」と語った。合わせて公式戦の開催条件を満たす複合施設の建設も望んでいた。

 牧野市長は「プロのスポーツ選手の試合を間近に見られることは特に若者や子どもたちにとっての刺激になる」と指摘し「夢や希望を与えられる素晴らしいゲームをしてほしい」と激励した。

 13日の指定席はすでに完売。自由席はコンビニや市内の観光案内所などで購入できる。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24

待望の打ち上げに歓声 冨士山稲荷神社の「むぎわら祭り」

7月10日火曜日15:12

甘み十分、ピンク色に 豊丘村で桃狩り始まる

7月7日土曜日14:15