南信州経済

【天龍村】天龍村坂部地区で伝統の柚餅子加工始まる「伝統食を残そう」NPOが継承

[ 2022年 11月 26日 土曜日 13時24分 ]

 ユズを使った伝統の保存食「柚餅子(ゆべし)」の加工が25日、天龍村坂部地区で始まった。天龍村の元地域おこし協力隊らでつくるNPO法人「ツメモガキ」が、地元の生産者組合から製造を引き継いで3年目。計500個の製造を目標に12月上旬まで加工を続ける。

記事全文へ

学校・教育

【飯田市】千代小学校生徒が地区内の窯で炭焼き体験 地域住民も協力する恒例の行事

[ 2022年 11月 26日 土曜日 13時08分 ]

 飯田市千代小学校(伊藤政子校長)の5年生6人が25日、地区内にある窯で炭焼きを体験した。窯に入って炭を取り出したり、原木を詰めたりして炭作りを学んだ。

記事全文へ

南信州経済

【飯田市】南信州・飯田産業センターが福島イノベ機構と次世代空モビリティの発展へ連携協定

[ 2022年 11月 25日 金曜日 16時28分 ]

 エス・バード(飯田市座光寺)を管理運営する南信州・飯田産業センターと、福島ロボットテストフィールド(福島県南相馬市)を管理運営する福島イノベーション・コースト構想推進機構が1日、次世代空モビリティーの産業発展に向けた連携協定を結び、25日に郡山市で開かれた「ロボット・航空宇宙フェスタふくしま2022」で連携協定を報告した。

記事全文へ

学校・教育

【天龍村】米ミドルベリー大の留学生がユズ収穫体験 柚餅子通じて日本の農村文化学ぶ

[ 2022年 11月 25日 金曜日 16時28分 ]

 米ミドルベリー大学日本校の留学生12人が23、24の両日、フィールドワークのため天龍村に滞在した。同村坂部地区に伝わる伝統の保存食「柚餅子」や地域活性化に取り組む人たちとの交流を通じ、アメリカの大学生が日本の農村の文化・生活への理解を深めた。

記事全文へ

南信州経済

【飯田市・下伊那】JAみなみ信州で市田柿の出荷始まる「糖度高く、品質上々」

[ 2022年 11月 24日 木曜日 15時17分 ]

 JAみなみ信州は24日、飯田下伊那地域特産の干し柿「市田柿」の出荷を始めた。昨年と同日の出荷スタートで、糖度が高く品質は上々という。12月中旬~下旬ごろにピークを迎え、来年2月いっぱいまで続ける。

記事全文へ


スポンサーリンク
オンラインブックストア◇南信州の香りが詰まった本はいかがですか?
南信州新聞社出版局が発刊している本をご紹介します。飯田下伊那地域のふるさとの香りがたくさんつまった作品から地域の歴史を探る長編、新聞連載で人気を集めている新書も。オンライン購入も可能です。

 新聞オンライン.COM

 日本新聞協会

【飯田市】佐藤健市長が市議会定例会本会議で市長就任2年経過に言及「将来に向けた下ごしらえはできた」

11月22日火曜日16:34

【飯田市】若年層「住みたいまち」推進 佐藤市長が23年度予算編成の基本方針示す

11月15日火曜日15:17

【飯田市】環境省の「脱炭素先行地域」で飯田市と中部電力の共同提案が選定 4月に続き第2弾

11月1日火曜日15:52

【飯田市】南信運転免許センター(仮称)の建設に伴う県飯田創造館閉館を巡り利用者対象の説明会

10月31日月曜日15:32

【長野県】阿部守一知事と南信州広域連合が運転免許センター巡り懇談「利用者の理解を得ながら進める」

10月21日金曜日15:56

【飯田市】1期目を折り返す佐藤健市長に聞く 大学のあるまちづくり、下ごしらえの2年「形にする」

10月14日金曜日16:26

【飯田市】長野県盛土規制条例が来年1月1日施行へ 概要や申請方法など事業者向けに説明会

10月13日木曜日15:53

【飯田市・下伊那】長野県議選まであと半年、現新2氏が出馬の意向 共産党も候補者擁立へ

10月12日水曜日15:01

【飯田市】公共施設のネット予約システム10月3日から稼働 PC、スマホに対応

9月30日金曜日16:42

【飯田市・下伊那】安倍元首相の国葬 天龍村が半旗掲揚を予定、豊丘村は検討中

9月24日土曜日14:58




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022秋冬

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞