グリムスパンキーニュース 2021.10.17.

グリムスパンキー

[ 2021年 10月 24日 日曜日 18時07分 ]

全国7都市へ行くツアー開始目前! 配信カバー「情熱」選曲を振り返る

【取材・文 仲井勇司】

 10月22日、飯田下伊那地域出身のGLIM SPANKY(グリムスパンキー=松尾レミ&亀本寛貴)がいよいよ2年ぶりの全国ライブツアーを開始します。コロナ禍が収束傾向にある中で札幌を皮切りに東京、大阪、横浜、福岡、名古屋と回り、12月4日の最終公演を松本市のキッセイ文化ホール(中ホール)で締めくくります。

 前回のツアーでは30公演を行ったのに対し、今回は7公演のみ。「ツアーをやれるだけで本当にうれしい」と二人が口をそろえる一方、一部のファンから「うちの県には来てくれないの?」と残念がるメッセージも受け取っているそう。「今できる限りを詰め込んだのがこの7カ所。魂を込めるしかない」(松尾さん)と、ひたむきな思いでツアー演奏の準備を進めています。
 なお、公演は各自治体ごとに定められたガイドラインをもとに感染対策を徹底して開催されるとのこと。松本会場には収容上限の746席に近い688席が準備されます。

1996年に発売されたUA「情熱」のCDジャケット。中央で二つ折りとなる“8センチCD”仕様だった

 コロナ禍の「波」を避けながら行う久々のツアー。見どころ・聞きどころの一つとして、9月末に配信限定でリリース(発売)したカバー(名曲の再演)楽曲「情熱」が初披露されることが挙げられます。

 「情熱」は、女性歌手UA(ウーア)が1996年に歌ったR&B(アールアンドビー)風味のヒット曲。日本語ポップスでありながら強くはねた16ビートのリズムが印象的で、発売当時UAさんの個性とともに大きな注目を集めました。
 グリムスパンキーが自身のオリジナルではない楽曲を、1曲のみの“シングル”の形で発売するのは今回が初めてのこと。なぜカバー作品を発表したのでしょうか。

 「カバー作品をリリースするアイデアはレコード会社から出ました。僕自身にも、カバーをやるなら子どものころに聞いて以来ずっとかっこいいと思っていたUAさんの『情熱』をやりたいという気持ちがありました」

 亀本さんはそう振り返り、音楽的な狙いも付け加えます。

 「この曲の個性は、いまの音楽ファンにも必ず受け入れられるだろうと感じています。ここ5年ほどの間、日本の音楽シーンではグリムと同世代のバンドである「Suchmos(サチモス)」がまずブレイクし、そこに「Оfficial髭男dism(オフィシャルヒゲダンディズム)」「King Gnu(キングヌー)」や、藤井風(かぜ)くんらのヒットが続いている。彼らに共通するのはブラックミュージックやR&Bの感覚をふんだんに採り入れた音楽性ですが、それは『情熱』という曲の特徴にも通じる部分です。いまカバーするなら絶対『情熱』だと思ってトライしました」

GLIM SPANKYによる「情熱」の配信用ジャケット画像

 ブラックミュージック特有のグルーブ感(うねりのあるリズム)に親しみやすい歌のメロディーが乗った「R&B」は米国などのポピュラー音楽シーンの主流にあり、日本でも90年代以降すっかり定着しました。いま、グリムスパンキーもR&Bの領域へ音楽表現の幅を広げようとしています。

 「僕らがデビューした2014年前後のころは速いテンポの直線的なノリのロックが大流行していて、僕ら自身もそういうオリジナル曲を演奏することで評価されてきました。ただ、フェスなどで支持される音楽の主流は近年、明らかに変わってきたように思う。今回のカバーは、グリムスパンキーがR&B寄りのリズムにもアプローチしていく意志を示しています」(亀本さん)
 ボーカルの松尾さんも自身の新たなテーマを発見したようです。

 「『情熱』を歌ってみて、今までの私は16ビートのリズムにあまり意識がいっていなかったと気付きました。今回のカバーでそこを変える入り口に立った。ブラックミュージック、ルーツミュージックにも改めて挑戦していこうという気持ちです」

全国ツアー実施は2019年7月以来(写真=上飯坂一)

 R&Bのレパートリーも増やしながら、R&Bを好むリスナー層にも自分たちをを知ってもらう。コロナ禍というトンネルを抜けて向かう各地のツアー会場には、グリムスパンキーを初めて聞きに来る新しいファンもきっと待っていることでしょう。

【毎月第3日曜日掲載】

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【天龍村】天龍小学校で児童が茶摘みと手もみ体験 上手に摘めたと笑顔の場面も

5月16日月曜日15:57

【浜松市】三遠南信道・水窪佐久間道路の中心くい打ち式 最後の未着工区間で事業本格化

5月16日月曜日15:34

【高森町】ウクライナ避難民9人が町営住宅に「引っ越し」 新しい生活の第一歩踏み出す

5月14日土曜日13:17

【飯田市】飯田マツブツがエス・バードにレンタルキッチンスタジオをオープン

5月14日土曜日13:59

【飯田市】下伊那農業高校でVR体験 仮想現実で農業機械の安全利用について学ぶ

5月13日金曜日16:00

【飯田市・下伊那】南信州広域連合が飯田下伊那地域への信州大学新学部設置のメリットについて提案

5月13日金曜日16:03

【売木村】阿南病院が医師不在の診療所を支援 オンライン診療導入へ

5月12日木曜日15:54

【天龍村】天龍中生徒が「商品」意識した梅の収穫作業 梅花駅伝での販売を目指す

5月12日木曜日15:25

【阿南町】阿南町長選で3選を果たした勝野一成町長が初登庁「1次産業の活性化や医療福祉の充実を中心に考える」

5月11日水曜日15:39

【喬木村】リニア高架橋工事で移転する伊藤製菓本社工場新築工事の地鎮祭

5月11日水曜日15:03

【高森町】和食や空手で交流深める 高森町内飲食店でウクライナ避難民の歓迎会開く

5月10日火曜日15:20

【飯田市】本町の市場が“復活” キラヤ跡に「なみきマーケット」今月20日オープンへ

5月10日火曜日15:07

【天龍村】天龍中学校が夏に先駆け県内で最初のプール開き 水しぶきで初夏到来告げる

5月7日土曜日14:55

【飯田市・下伊那】夏の参院選まで残り2カ月 杉尾、松山氏が飯伊でも前哨戦を展開

5月7日土曜日13:22

【飯田市】オケ友企画「クリニックコンサート」開く 120人が学びの成果を披露

5月6日金曜日16:37




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022春夏

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞