「たい切り面」火の粉激しく 天龍村坂部の冬祭り 国重文

文化・芸能

[ 2019年 1月 5日 土曜日 15時36分 ]

 

 天龍村坂部に伝わる国重要無形民俗文化財の湯立て神楽「坂部の冬祭り」が4日夕から5日昼にかけ、大森山諏訪神社で行われた。厳寒の中、集落の住民らが夜通しで舞を繰り広げ、5日午前6時過ぎ、主役の「たい切り面」を着けた赤鬼が登場。鉞(まさかり)を松明(たいまつ)にぶつけて火の粉が散る姿に、集まった観衆らが熱い視線を注いだ。

 600年余続く集落行事は、旧神原村の3社で旧暦の霜月(11月)に行われていた湯立て神楽で、3日の「向方のお潔め祭り」、5日の「大河内池大社例祭」を含めた天龍村霜月祭りの1つに数えられる。

 今年も天竜川で身を清めた舞い手の「神子」たちが、4日夕に神々を下の森(火王社)から同社へ運ぶ「お練り」で幕開けすると、社殿内の舞堂(まいどう)で翌朝まで剣や鈴を使った装飾舞や湯立てを繰り広げた。

 夜空が白み始めた5日午前6時過ぎ、「たい切り面」を着けた赤鬼が登場すると祭りは最高潮に。囃子に合わせてドン、ドンと両足で地を力強く踏み鳴らし、2人の宮人が捧げ持った燃えさかる松明に鉞を激しく打ち付けて火の粉を飛び散らした。

 同地区の旧家・熊谷家当主の直吉の夢占いをきっかけに、室町時代の1428(正長元)年に始まったとされる祭り。氏子たちが沸かす湯釜の周りで神事や舞を行い、無病息災や子孫繁栄を願う。

 坂部地区は現在11戸14人が暮らすが、祭りに合わせて帰省する若手出身者や、祭りを研究する大学の学生らも加わり祭りを支えた。村も今年初めてJR平岡駅から神社までを結ぶ送迎バスを運行して、東京や横浜からのリピーター客を送迎するなど支援を手厚くした。

 氏子総代の平松雅隆さん(69)は「都会の生活にはない何かを求めて訪れてくれる多くの人たちから、我々も元気をもらえる。またここから1年をスタートしたい」と話した。

◎写真説明:鉞を松明に打ち付けて火の粉を散らす「たい切り面」

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【高森町】廃棄処分の柿の皮を有効活用 松本大学・民間企業・高森町が連携し「市田柿皮ピューレ」開発

8月6日土曜日13:21

【喬木村】阿島里原地区で200本余りのヒマワリが見頃 「平和の種プロジェクト」で地区住民が協力して栽培

8月6日土曜日13:17

【飯田市・下伊那】「帰省ついでに会社見学」0円バスの運行が始まりスポンサー企業を学生らが見学

8月5日金曜日16:05

【長野県】長野県知事選挙7日に投開票 阿部県政12年の是非判断

8月5日金曜日16:53

【飯田市】飯田女子短期大学生が下久堅の伝統文化「ひさかた和紙」の新商品を開発

8月4日木曜日15:56

【飯田市】飯田風越高校の生徒有志が投票率向上へ呼び掛け 「飯田下伊那100計画」復活めざす

8月4日木曜日15:38

【飯田市】地元ミュージシャンやバンド出演の屋外音楽イベント「並木横丁GO GO MUSIC FESTIVAL」6日に開催へ

8月3日水曜日16:10

【泰阜村】任期満了に伴う泰阜村長選 現職の横前明氏が無投票再選

8月3日水曜日15:59

【泰阜村】村長選が告示、現職横前氏が立候補を届け出 無投票再選となる見通し

8月2日火曜日15:19

【松川町】交流センターみらいにイラストレーターの326さんがデザインしたカーテンを設置

8月2日火曜日15:26

【飯田市】飯田商工会議所下久堅支部の「コロナに負けるな!応援花火」 地域の元気と新型コロナの収束願い

8月1日月曜日15:20

【松川町】「火事が発生しないよう呼び掛けたい」松川町少年少女消防クラブの結成式

8月1日月曜日15:32

【泰阜村】村長選告示まであと3日、出馬表明は現職横前氏のみ 村議補選は新人1人が立候補

7月30日土曜日13:38

【飯田市】地域通貨導入へ実証実験 QRコード決済、プレミアム率20%「電子商品券」

7月30日土曜日13:21

【豊丘村】ウクライナ人女性4人、とよおかマルシェでボルシチとピロシキのキッチンカー販売

7月29日金曜日16:30




夏のDiji田甲子園

南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022春夏

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞