【阿南町】「新野の盆踊り」3年ぶり開催 商店街に盆唄響く

文化・芸能

[ 2022年 8月 15日 月曜日 13時27分 ]

 阿南町新野の国重要無形民俗文化財「新野の盆踊り」が14日夜、始まった。新型コロナウイルスの影響で2020、21年は2年連続で中止となり、3年ぶりの開催。盆ちょうちんが飾られた郷愁漂う新野商店街には、夏の風物詩になっていた老若男女の声が久しぶりに響いた。

 新野の盆踊りは、「新野高原盆踊りの会」(山下昭文会長)が伝える笛や太鼓などの鳴り物を一切使わない素朴な踊り。櫓の上で踊る「音頭取り」の「音頭出し」とその周りに輪をつくる踊り子の「返し」の声だけで行う。400年以上の歴史を誇り、「先祖の御霊と踊る盆」として精霊供養のための御霊を迎え、御霊慰安踊り、神送りといった信仰的要素が強いのが特徴だ。

 踊りは「すくいさ」をはじめ、「高い山」「音頭」「十六」「おさま」「おやま」「能登」の7種類。例年は17日早朝に踊る「能登」以外の6種類を交互に交えながら毎晩9時ごろから翌朝まで踊るが、今年は新型コロナ対策として14、15日は午前0時までに短縮した。

 初日の14日は午後8時ごろ、市神様の社に集まって神迎えの祭りを営んだ後、盆踊りを開始。やぐらを中心に色とりどりの浴衣を着た踊り手たちが参加し、徐々に輪を広げていった。

 盆踊りの会は、地元の小中学生への継承にも注力しており、今年も7月下旬に恒例の講習会を開いて指導。この日は小学3年生以上が法被を着て踊りの輪に加わった。昨年に海外から同地区に移住した新野小5年の内田櫂星君(10)は「盆踊りに参加するのは初めてで、扇子の使い方が難しかったけど楽しい」と話した。

 山下会長は「多くの人が踊ったり観覧に集まってくれてうれしい」と笑顔。「コロナ禍で悩みながらの開催となったが、17日の朝にはやって良かったと思い終われるようにしたい」と語った。

 祭りの最高潮は17日明け方。「能登」を待った後、切子灯ろうを燃やして盆行事の幕を閉じる。

◎写真説明:商店街に輪をつくる新野の盆踊り

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【飯田市】グルメとサブカルチャーの祭典「飯田丘のまちフェスティバル」飯田市の中心市街地で3年ぶりに通常開催へ

10月4日火曜日15:41

【飯田市】追手町小学校創立150周年記念事業で校舎を昼夜開放へ 人形劇やナイトツアーなど多彩な企画も

10月4日火曜日15:37

【大鹿村】大鹿中学校の全校生徒による歌舞伎公演 豊かな表現で観客引き込む

10月3日月曜日15:52

【浜松市】阿南町の和合の念仏踊り保存会が「三遠南信念仏踊り・遠州大念仏競演(仮)」の収録に参加 浜松市の舞台で「庭入り」披露

10月3日月曜日15:53

【飯田市・下伊那】三遠南信道飯喬道路3工区で初のトンネル完成式 早期開通へ思い新たに

10月1日土曜日14:11

【飯田市・下伊那】「身近な相談先知って」オレンジリボンが児童虐待防止啓発でティッシュ配布

10月1日土曜日14:56

【飯田市】公共施設のネット予約システム10月3日から稼働 PC、スマホに対応

9月30日金曜日16:42

【東京都】ニッチローさん監修の焼き肉店が下北沢にオープン

9月30日金曜日16:45

【飯田市】大規模断水の静岡市清水区へ職員と給水車を派遣 副市長と職員が拍手で送り出す

9月29日木曜日15:06

【阿智村】「豊かな自然生かしたい」浪合に移住した母親たちが子育て広場を始める

9月29日木曜日15:48

【リニア中央新幹線】JR東海が「対策土」活用に向け試験施工の方針示す 大鹿村の仮置場で年末にも

9月28日水曜日15:17

【飯田市】久保田さんが古民家活用し書店オープン「本を読む楽しさ感じられる場所に」

9月28日水曜日15:16

【飯田市・下伊那】伊那谷民俗芸能団体連絡協議会が総会 地域文化の継承へ意気を高める

9月27日火曜日15:03

【飯田市】恩がえしIILAが動物愛護週間イベントを開催 「生き物を知って守ろう」

9月27日火曜日15:57

【飯田市】飯田下伊那や上伊那のシードルを集めたマルシェ「南信州シードルコレクション」 試飲しながら生産者と交流

9月26日月曜日15:48




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022秋冬

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞