【飯田市】お練りまつり奉賛会が警戒レベル5でも開催を決定 行政指導で感染防止対策徹底する

文化・芸能

[ 2022年 3月 8日 火曜日 16時23分 ]

 飯田お練りまつり奉賛会は7日に開いた総会で、県独自の新型コロナウイルス感染警戒レベルが5の場合でも、感染防止対策を厳格に講じた上で、25~27日に飯田市街地で予定しているまつりを実施する方針を固めた。

 新型コロナウイルス感染症県対策本部会議が4日の会議で決めた「まん延防止等重点措置終了後の対策ポイント」のうち、イベント開催に関する方針を踏まえ、同本部が参加者5000人以上の主催者に事前提出を求める「感染防止安全計画」の提出を前提とした開催を決め、総会に出席した約70人の同意を得た。

 感染防止安全計画は飯田保健所や県、市などの指導を参考に策定し、ホームページで公開する予定。市は感染防止対策費として1200万円を補助する。

 まつり当日は臨時駐車場とJR飯田線の飯田駅と桜町駅、中心市街地に観覧者の受付を設け、検温と不織布マスク着用を確認した人にはマスクに貼る「受付済み証シール」を配り、シールの色は日ごとに変える。

 出店ブースで売る飲食物は持ち帰り用とし、飲食スペースは設けない。飲食店でのアルコール類提供は店内のみとする。

 観覧者が多く集まる演舞場所にはスタッフを配置して、間隔を空けるよう依頼し、シャトルバスは乗車率70%とする。ホテルなどの宿泊客は簡易検査キットで陰性を確認した上で、鑑賞してもらう。

 出演団体は35で確定。協賛金は当初目標の1500万円を上回る2000万円が集まった。

 原勉奉賛会長は「前回を超える地域の力を見せていくことが一番重要。子どもから高齢者までが楽しめるまつりとしたい」とあいさつ。同日開いた飯田商工会議所の定例会見では「地域発展のためにお練りまつりを開催しようという意思が確認でき、心強く思った」と述べた。

◎写真説明:あいさつする原会長

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【飯田市】松尾寺所地区壮年会らが鳩ケ嶺八幡宮に奉納するしめ縄づくり 約9メートルのしめ縄3本を1本に

12月8日木曜日16:49

【高森町】下市田保育園で消防訓練 ジングルライダーも登場し園児らに防火ソングを披露

12月8日木曜日16:32

【飯田市】りんご並木70周年記念グッズが完成 飯田東中学校の生徒がデザイン

12月7日水曜日16:10

【高森町】JR東海がリニアのガイドウェイ側壁製作保管施設についての地元住民説明会

12月7日水曜日16:15

【飯田市】JAみなみ信州と飯伊地区労農会議がアフリカ・マリへ送る支援米の合同発送式開く

12月6日火曜日16:06

【飯田市】連合長野飯田地域協議会が定期総会 代表ら約100人出席し団結誓う

12月6日火曜日16:58

【飯田市】遠山郷に伝わる湯立て神楽「遠山の霜月祭り」始まる 今年は18日まで8神社で

12月5日月曜日15:58

【飯田市】リニア長野県内駅の周辺整備事業で市が土木工事の実施設計公表 駅前広場の模型を初公開

12月5日月曜日15:32

【飯田市・下伊那】「知事との県民対話集会」飯伊地域2日間の日程終える

12月3日土曜日14:06

【阿智村】昼神温泉郷で冬の風物詩「御湯」が開幕 利用者の無病息災、地域の安寧願い込め

12月3日土曜日14:31

【飯田市・下伊那】飯伊5市町村で「知事との県民対話集会」 首長や住民らと意見を交わす

12月2日金曜日15:16

【飯田市・下伊那】郷土誌「伊那」の3代目原田主幹が退任 伊那史学会と南信州新聞社が引き継ぎ

12月2日金曜日15:31

【阿南町】和合の念仏踊りと新野の盆踊りなどの「風流踊」がユネスコ無形文化遺産登録へ

12月1日木曜日16:21

【阿南町】阿南第二中を小学校と併設型の小中一貫校に 24年4月までの設置を目指す

12月1日木曜日16:18

【喬木村】キャッチボールクラシックで全国大会出場の喬木少年野球クラブが村長を訪問

11月30日水曜日15:12




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022秋冬

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞