【飯田市】大宮諏訪神社大総代が来年の式年大祭の関連神事「神輿渡御」の順路を確認

文化・芸能

[ 2021年 11月 22日 月曜日 15時59分 ]

 大宮諏訪神社(飯田市宮の前)の大総代が21日、来年3月の式年大祭の関連神事として、同月21日に行う「神輿渡御(みこしとぎょ)」の順路と行程を確認した。市街地を通る約12キロの順路を実際に歩き、安全確保に必要な配慮や休憩場所などを確かめた。

 神輿渡御は神をみこしに迎え、飯田藩主堀親蔵氏が奉納した馬印を先頭に、なぎ鎌、氏子各町の町旗などの道具を携えた一行が街中を巡行しながら平穏と繁栄を願う神事。2016年の前回は250人で約13キロを歩いた。

 来年の順路は前回とは異なり、最初に神社の周辺の大門町、宮ノ上、諏訪町を一巡してから市街地を巡行する。距離は前回より1キロほど縮め、参列者数は50人少ない200人程度とする方向で準備を進めている。

 この日は法被を着た大総代7人が、本番と同時刻の午前8時に神社を出発。通過予定時刻が記された予定表に目を落としながら歩き、同じく大集団の東野大獅子と道中で鉢合わせにならないための具体策、トイレや休憩場所の位置や使用許可の申請先なども確認した。

 責任総代の松澤卓治さん(75)は「神様をお迎えするための下準備がおおむねできた。距離を短くしたが、本番では大勢でゆっくり歩くため、神社に戻るのは午後4時過ぎになりそう」と話した。

   ◇   ◇

 神社関係者によると同神社の式年大祭は2年ごと行われていたが、1734(享保19)年から諏訪神社の式年大祭に合わせ、7年(寅年、申年)ごとの祭りとなった。

◎写真説明:大宮諏訪神社を出発する大総代

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【飯田市】「丘の上結いスクエア」がグランドオープン 朝から多くの買い物客でにぎわう

5月19日木曜日15:23

【飯田市】ツアー・オブ・ジャパン信州飯田ステージ開く 優勝は「チーム右京」ネイサン・アール

5月19日木曜日15:21

【飯田市】「姫路お城まつり」に向け本町三丁目大名行列保存会が市長表敬

5月18日水曜日16:18

【飯田市・下伊那】南信州広域連合がご当地ナンバーの研究へ 導入に前向きな意見も

5月18日水曜日16:54

【飯田市・下伊那】南信州広域連合と県議 信大新学部誘致へ連携姿勢を強調する

5月17日火曜日15:45

【飯田市】駅前新拠点完成「丘の上結いスクエア」の竣工式開く オープンは19日

5月17日火曜日15:35

【天龍村】天龍小学校で児童が茶摘みと手もみ体験 上手に摘めたと笑顔の場面も

5月16日月曜日15:57

【浜松市】三遠南信道・水窪佐久間道路の中心くい打ち式 最後の未着工区間で事業本格化

5月16日月曜日15:34

【高森町】ウクライナ避難民9人が町営住宅に「引っ越し」 新しい生活の第一歩踏み出す

5月14日土曜日13:17

【飯田市】飯田マツブツがエス・バードにレンタルキッチンスタジオをオープン

5月14日土曜日13:59

【飯田市】下伊那農業高校でVR体験 仮想現実で農業機械の安全利用について学ぶ

5月13日金曜日16:00

【飯田市・下伊那】南信州広域連合が飯田下伊那地域への信州大学新学部設置のメリットについて提案

5月13日金曜日16:03

【売木村】阿南病院が医師不在の診療所を支援 オンライン診療導入へ

5月12日木曜日15:54

【天龍村】天龍中生徒が「商品」意識した梅の収穫作業 梅花駅伝での販売を目指す

5月12日木曜日15:25

【阿南町】阿南町長選で3選を果たした勝野一成町長が初登庁「1次産業の活性化や医療福祉の充実を中心に考える」

5月11日水曜日15:39




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022春夏

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞