【飯田市】遠山郷に伝わる湯立て神楽「遠山の霜月祭り」 始まる 熊野神社など8神社で15日まで

文化・芸能

[ 2021年 12月 6日 月曜日 15時16分 ]

 飯田市の遠山郷(上村、南信濃地区)に伝わる湯立て神楽「遠山の霜月祭り」(国重要無形民俗文化財)が4日、南信濃木沢小道木地区の熊野神社などで始まった。同神社は昨年、新型コロナウイルス感染症予防のため一般客の見学を受け入れず日中に時間を短縮して開催。来場者制限や古典祭の縮小は続くものの、2年ぶりの夜開催に舞殿は氏子らの熱気に包まれた。

 同神社は昨年、「祭りの中止は地域活力の低下につながる。コロナ禍であっても対策を徹底し、できる限りのことをしたい」と、日中に時間を変更し時間短縮を図りながらも、神楽舞や湯切りなどの古典祭を行い、祭りを継承していく土壌を支えた。

 今年は、引き続き来場者を制限し時間を短縮したが、例年通り夜まで神楽歌に笛や太鼓の音を響かせた。また、昨年は時間短縮のため、37の面(おもて)を氏子が手に持ち湯釜の周りを歩くだけにとどめたが、今年は氏子が面を着け、舞とともに披露。4人の氏子が湯釜の周囲を荒々しく跳びはね、最後は無理やり拝殿に押し込まれる「四面」や、煮えたぎる湯を素手で周囲にはねかけ1年の邪気をはらう大天狗(火の王)、小天狗(水の王)の登場に沸いた。

 禰宜の鎌倉博登司さん(83)は「コロナの影響で、8月ごろまでは『開催できないのではないか』という不安が大きかった。多くの協力により時間を短縮しつつも、無事執り行うことができて良かった。来年こそは従来の形に戻ることを願いたい」と話した。また、区長の平澤一也さん(38)は「まだまだ制限はあるが、楽しみながらできた。子どもたちにも参加してもらい、次の世代につないでいくための良い祭りとなった」と笑顔を見せた。

 遠山の霜月祭りは15日まで、計8神社で行われる。

◎写真説明:湯を素手ではらう水の王

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【飯田市】JAみなみ信州と飯伊地区労農会議がアフリカ・マリへ送る支援米の合同発送式開く

12月6日火曜日16:06

【飯田市】連合長野飯田地域協議会が定期総会 代表ら約100人出席し団結誓う

12月6日火曜日16:58

【飯田市】遠山郷に伝わる湯立て神楽「遠山の霜月祭り」始まる 今年は18日まで8神社で

12月5日月曜日15:58

【飯田市】リニア長野県内駅の周辺整備事業で市が土木工事の実施設計公表 駅前広場の模型を初公開

12月5日月曜日15:32

【飯田市・下伊那】「知事との県民対話集会」飯伊地域2日間の日程終える

12月3日土曜日14:06

【阿智村】昼神温泉郷で冬の風物詩「御湯」が開幕 利用者の無病息災、地域の安寧願い込め

12月3日土曜日14:31

【飯田市・下伊那】飯伊5市町村で「知事との県民対話集会」 首長や住民らと意見を交わす

12月2日金曜日15:16

【飯田市・下伊那】郷土誌「伊那」の3代目原田主幹が退任 伊那史学会と南信州新聞社が引き継ぎ

12月2日金曜日15:31

【阿南町】和合の念仏踊りと新野の盆踊りなどの「風流踊」がユネスコ無形文化遺産登録へ

12月1日木曜日16:21

【阿南町】阿南第二中を小学校と併設型の小中一貫校に 24年4月までの設置を目指す

12月1日木曜日16:18

【喬木村】キャッチボールクラシックで全国大会出場の喬木少年野球クラブが村長を訪問

11月30日水曜日15:12

【飯田市・下伊那】森林を守り、技術を学ぶ 千代の山林で「森集人」がボランティア作業

11月30日水曜日15:17

【阿智村】村の魅力再認識、阿智☆昼神観光局が村内一斉ライトダウンイベント開く

11月29日火曜日15:02

【飯田市】日本一の焼肉のまちの発信拠点「信州飯田焼肉研究所」がオープン

11月29日火曜日15:48

【飯田市】南信州アルプスフォーラムが勉強会 リニア長野県駅開業に向け、明大・佐々木教授が助言

11月28日月曜日16:44




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022秋冬

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞