コロナ収束、地域平穏願い

文化・芸能

[ 2020年 10月 7日 水曜日 15時18分 ]

 下條村の親田八幡宮で3日、秋季祭典が行われ、地元親田地区の女子児童4人が浦安の舞を奉納して地域の平穏、発展を願った。

 例年は春と秋の祭典で奉納される舞だが、今年は新型コロナウイルス感染防止のため、春は取り止めに。秋についても感染状況を注視して検討を重ね、「舞を奉納することでコロナ禍を振り払い、地域を明るくしたい」と実施を決めた。

 この日、白と赤の装束に身を包んだ4人の舞姫は、事前に重ねてきた練習の成果を発揮し、厳かな雰囲気の中でりりしい姿で舞を奉納した。舞姫の一人(12)は「とても緊張したけど、コロナが収束し地域が元気になるよう願って、最後までしっかりと舞うことができた」と笑顔を見せた。

 宮嶋怡正氏子総代長(74)は「歴史ある舞の奉納を今年も行うことができて良かった。素晴らしい舞を奉納してもらいありがたい。子どもたちが地域への愛着を育む、良い機会にもなったのでは」と喜んだ。

◎写真説明:浦安の舞を奉納する児童ら

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞