人形劇フェスタが開幕

文化・芸能

[ 2018年 8月 3日 金曜日 15時37分 ]

人形劇団どむならんの公演

 日本最大の人形劇の祭典「いいだ人形劇フェスタ」(フェスタ実行委員会、飯田市、市教委主催)が3日、飯田市で開幕した。ことしはフェスタ20周年、前身の人形劇カーニバルから通算40周年を迎えることを記念し、世界人形劇フェスティバルを同時開催。約300劇団が12日までの10日間、飯田下伊那各地で600ステージを繰り広げる。

 初日には、高羽町の飯田文化会館でオープニングセレモニーを開いた。ことしのポスターを描いた鼎小1年の杉本和香奈さん(6)がステージに登場してタクトを振ると、スクリーンに人形たちの絵が現れてポスターの映像に。

 会場には、人形劇や自分の好きな物をテーマに、飯伊の園児や児童から寄せられた300枚の絵がプロジェクションマッピングで投影された。

 あいさつに立った原田雅弘実行委員長は40年の歩みを振り返り「見る、演じる、支える人皆が主役になれるものにしたいと始まった。主役とは、いっぱい笑ったり泣いたり感動できた人。10日間でそういう劇を見つけて家族で語り合い、主役になれるよう参加を」と呼び掛けた。

 海外の参加劇団28団体の紹介に続いて、オープニング公演を開催。「人形劇団どむならん」(三重県)が、ことし5月に亡くなった飯田ゆかりの絵本作家、加古里子さん原作の「てんぐとかっぱとかみなりどん」を上演した。

 三味線や和太鼓などの演奏とともに、言うことを聞かない「どむならん子」のとうへいが活躍するお話の世界を繰り広げ、観客を楽しませた。

 フェスタ期間中は飯田文化会館と飯田人形劇場、飯田市公民館をはじめ各地の公民館や学校、保育園など飯伊地域のさまざまな会場で公演が繰り広げられる。多くの公演は参加証ワッペンで見ることができる。

 参加証ワッペンは3歳以上700円で、全公演共通。公演会場でも販売している。

 5日午後2時半から「人形劇のまち飯田」が生まれて40年を記念するセレモニーを飯田文化会館で開催。8日午後7時からは記念シンポジウムを吾妻町の市公民館で開く。

 フェスタ期間中の問い合わせは本部インフォメーション(電話0265・23・0321)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【松川町】阿部守一長野県知事の「しあわせ信州移動知事室」始まる 松川町のシードル醸造所を視察

10月27日水曜日15:17

【高森町】高森南小学校の4年生が町特産の干し柿「市田柿」作りに挑戦

10月27日水曜日15:56

【飯田市】「ランタン&シードルジャンボリー」天龍峡の夜空にスカイランタンが舞う

10月26日火曜日15:24

【喬木村】喬木村で村政懇談会始まる 来月29日まで

10月26日火曜日15:36

【飯田市】南信州龍江アウトドアフェス開催 天龍峡マルシェとともに盛況

10月25日月曜日15:24

【大鹿村】JR東海・リニア中央新幹線建設工事の残土搬出を開始

10月25日月曜日15:26

【長野5区】衆院選・初の週末 両候補が精力的に各地を遊説 支持拡大へ激しい論戦

10月25日月曜日15:51

グリムスパンキーニュース 2021.10.17.

10月24日日曜日18:07

【飯田市】3店が共同開発した冷凍折り詰めの全国販売開始「伊那谷の良さを伝えられたら」

10月23日土曜日13:13

【喬木村】曙月庵で阿島傘の展示始まる 茶室を彩る和傘ずらり ライトアップも

10月23日土曜日13:40

【飯田市・下伊那】三遠南信自動車道「飯喬道路第3工区」で初のトンネル掘削工事開始

10月22日金曜日16:20

【飯田市】松尾小4年2組がシトラスリボン作成「コロナ差別をなくそう」

10月22日金曜日15:11

【リニア中央新幹線】JR東海が安全対策をリニア対策委員会で報告 月内は試験走行期間

10月21日木曜日15:53

【飯田市】橋北まちづくり委が春草通りに案内図設置 菱田春草生誕地ほか歴史的建造物の位置を明示

10月21日木曜日15:22

【北部3町村】竜神大橋の建設期成同盟会が総会開く 早期完成を強く要望

10月20日水曜日16:43








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞