個性の発信や継承考える

文化・芸能

[ 2021年 7月 5日 月曜日 15時02分 ]

 南信州民俗芸能継承推進協議会(平松三武会長)は3日、「第6回南信州民俗芸能継承フォーラム」を飯田市座光寺のエス・バードで開いた。約100人が参加し、「南信州の誇り『民俗芸能』の未来を共に考えよう」をテーマに講演やパネル討議を聴講。ユネスコ無形文化遺産への登録を目指す動きを踏まえながら、魅力ある地域個性の発信や継承について考えた。

 前半は國學院大學教授の小川直之さんが「民俗芸能と地域社会―魅力ある地域個性とは何か」と題して講演。「飯田下伊那地域は日本列島の東西文化の交差点」とし、雑煮や年取り魚を例に挙げた。阿南町和合の念仏踊りには平安時代からの踊り念仏が含まれていること、同町新野の盆踊りには室町時代以前の日本人の死霊観が表れているとし、「古くからの伝統や祭りに、中世・近世の文化が重層的に重なり伝承されていることがこの地域の個性の1つ」と強調した。ユネスコ無形文化遺産を目指す動きについては「個性を発信していく手段」とした。

 後半は、進行役に県立歴史館特別館長の笹本正治さんを迎えて「コロナ禍を乗り越え、未来に繋ぐ」をテーマにパネル討議をした。上村遠山霜月祭保存会の宇佐美秀臣さん、和合念仏踊り保存会の菊島延幸さん、天龍村向方お潔め祭り芸能部の本多紗智さんの3人がパネラーを務めた。

 本多さんは、コロナ禍で活動が制限さる中で取り組んだお宮の修繕などについて動画で紹介。「先のことで悩むのではなく、今できることに精いっぱい取り組むことの大切さを学んだ」と振り返った。

 10年前に阿南町に移住した菊島さんは、自身を迎え入れてくれた住民たちの温かさに触れ「小学校で笛や踊りを練習する子どもたちが大人になるまで続け、伝統を引き継いでいく」と思いを語った。

 宇佐美さんはユネスコ無形文化遺産について「登録を目的にするのではなく、文化の継承への思いが大きくなるチャンス」とし「外部の方の柔軟な新しい意見と自分たちの思いを融合させ、伝統を繋いでいく」と話した。

 平松会長は「飯伊にはたくさんの伝統ある祭りがあり、その多くが人手不足などの課題を抱えている。多くの人に知ってもらい、伝統芸能について考えるきっかけとなれば」と話した。

◎写真説明:エス・バードで開いた南信州民俗芸能フォーラム

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【飯田市】市消防団が防災功労者内閣総理大臣表彰「昨年7月豪雨で人命の安全確保と被害軽減に尽力」

9月21日火曜日15:36

【飯田市】「SDGs身近に」田畑茶舗が期限切れのお茶をほうじ茶にする「息吹茶サービス」を開始

9月21日火曜日15:38

【長野5区】衆院任期満了まで1カ月、日程不透明も与野党の動き活発

9月20日月曜日13:58

【飯田市】和田諏訪神社で御柱祭に向けて用材伐採「斧入れ式」

9月20日月曜日13:33

【飯田市】飯田商工会議所が飲食店応援プロジェクト「いいだHappy Eats」始動

9月18日土曜日13:37

【飯田市】飯田署が動物園に委嘱状を交付

9月18日土曜日13:40

【阿南町】阿南高校生が「鈴ケ沢なす」や「鈴ケ沢南蛮」など伝統野菜見学

9月17日金曜日15:28

【飯田市】美術博物館が菱田春草子ども向け鑑賞ガイド作成

9月17日金曜日15:24

【飯田市】保護猫ふれあいハウスかぎしっぽが閉店へ

9月16日木曜日16:28

【飯田下伊那】からあげグランプリ決勝大会開催へ

9月16日木曜日16:52

【飯田市】風越高生徒有志らが駅前プラザ活用プロジェクト

9月15日水曜日15:50

【大鹿村】観光協会が電動自転車試乗会開く

9月15日水曜日15:12

【飯田市】コロナ感染症対策第10弾を発表

9月14日火曜日15:08

【阿智村】村長らが高齢者の祝賀訪問

9月14日火曜日15:32

【売木村】飯伊に「スポーツの秋」

9月11日土曜日13:45








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞