古庄さんがグランプリ受賞 スペインのカダケス国際版画展で

文化・芸能

[ 2017年 8月 30日 水曜日 15時43分 ]

受賞作「Nostalgia」(イメージサイズ10センチ×10センチ)

 飯田市育良町の会社員、古庄真理子さん(41)がこのほど、欧州で歴史的権威を保つ版画公募展「カダケス国際ミニプリント展」で見事、グランプリを受賞した。来年、現地で1週間の個展開催が約されたほか、審査員権利が与えられた。

 カダケスはスペイン有数のリゾート地。入選作が多くの富裕層の目に留まることもあり、同展には世界各国から毎年多くの作品が寄せられる。37回目の今年は、56カ国から659人の参加アーティストがあり、このうち6人がグランプリに輝いた。

 古庄さんは1976年、飯田市生まれ。文化服装学院卒業後、パタンナーとしてミナ・ペルホネンなどに勤務。2013年から今村版画塾(今村由男塾長)で銅版画を学んでいる。レッセドラ国際小版画展(ブルガリア)、日本版画協会展などで入選。

 古庄さんの受賞作「Nostalgia」は、初夏の朝靄のイメージを作品化したもので、季節ごとの空気や、風、匂いという形のないものへの関心が創作モチーフになっている。

 作品の魅力は淡いトーンの配色。版画制作では最も難しい部分だが、古庄さんは何度も刷り直しを重ね、ようやく納得できる作品に仕上げた。

 ここ数年、いくつもの公募展に挑戦してきた古庄さん。つい先月、初個展を開き話題となった直後だけに、受賞の喜びはひとしおだ。

 「今年の目標はどこか一つでも入賞すること。その願いがこんなに早くかなうなんて実感がない」と古庄さん。「これからも真摯に版画と向き合い、精進していきたい」と抱負を語った。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【飯田市・下伊那】衆院選が公示、5区は与野党一騎打ち 12日間の短期決戦スタート

10月19日火曜日15:51

【飯田市】長編映画撮影の無償ボランティア募集

10月19日火曜日15:12

【大鹿村】大鹿歌舞伎秋季公演をライブ配信 静かな会場でこん身の演技

10月18日月曜日15:19

【飯田市・下伊那】南信州獅子舞フェスティバルが2年ぶり開催 14団体が勇壮に伝統舞

10月18日月曜日15:41

【飯田市】飯田風越高校で創立120周年記念式典開く

10月16日土曜日14:05

【高森町】高森中3年生が園児に自作の紙芝居を読み聞かせ「すごく喜んでくれた」

10月16日土曜日14:24

【天龍村】国道418号神原トンネル現場見学会に児童らが参加「勉強になった」

10月15日金曜日16:27

【大鹿村】大鹿歌舞伎題材のご当地ポスト「大鹿カブシャンポスト」が道の駅に設置

10月15日金曜日15:04

【長野5区】衆議院解散で総選挙に突入 19日公示、31日投開票

10月14日木曜日15:27

【喬木村】現職・市瀬直史氏が村長選出馬を表明

10月14日木曜日15:18

【豊丘村】地元の味と香りを堪能 小中学校でまつたけ給食

10月13日水曜日15:48

【飯田市】佐藤健飯田市長 就任1年目の市政経営を振り返る

10月13日水曜日15:59

【飯田市・下伊那】緊急事態宣言解除で体験型教育旅行の受け入れが本格化

10月12日火曜日15:45

【天龍村】天龍村の村指定無形民俗文化財「満島神社の秋祭り」開催

10月12日火曜日15:03

【売木村】200キロを走るウルトラマラソン大会を初開催 累計標高差4000メートル超の山岳コースに挑む

10月9日土曜日14:43








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞