夏越の祓奉納演奏を

文化・芸能

[ 2021年 8月 3日 火曜日 16時46分 ]

 橋北屋台囃子保存会(牧野仁志会長)は「夏越(なごし)の祓(はらい)奉納演奏」を8日午後6時から、大宮諏訪神社(飯田市宮の前)の随神門前で行う。

 新型コロナウイルスの感染者が連日最多記録を塗り替える中、地域の無病息災を願って開催。来年3月25~27日に予定されている飯田お練りまつりを見据えて「橋北屋台囃子 青龍」「吉祥開運長熊手踊り」「橋北甲賀囃子」など6曲を約40分演奏する。

 前回のお練りまつり出演時と比べると、保存会員数がかなり少ないことから、囃子の魅力を地元にアピールする機会にもしたい考え。2日夜には本番直前の練習を浜井場小学校体育館で開き、力強い音を響かせた。

 演奏指導にあたるプロ奏者の塩原良さんは「興味を持ってくれた方が仲間に加わってくれたら」と期待している。

 雨天の場合は東野公民館で開く。

◎写真説明:本番に向けて練習に励む保存会員

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞