大鹿歌舞伎がイタリアで公演、9月に18年ぶりの海外

文化・芸能

[ 2010年 8月 28日 土曜日 13時42分 ]

 大鹿村に江戸時代から伝わる大鹿歌舞伎の保存と伝承に取り組む「大鹿歌舞伎愛好会」が26日夜、9月のイタリア公演に備え、鹿塩地区館で稽古を始めた。海外公演は1992(平成4)年のドイツ以来18年ぶり。

 農山村の景観や伝統文化などを守る活動に取り組むNPO法人「日本で最も美しい村」連合に加盟する同村。同村などによると、世界連合の会議が9月4日からイタリアのサン・ジネーズィオ町で開かれ、その中で特別公演するという。

 メンバーは愛好会会長の下沢敏さん(75)、笹木猛さん(72)、北村尚幸さん(49)=いずれも大河原=の3人。

 外題は、初陣から瀕死の状態で帰ってきた若武者「十次郎」が味方の敗北を告げて静かに息を引き取る場面などを描いた「絵本太功記 尼ケ崎の段」の一部分。本来だと役者9人で演じるが、役者は十次郎役の下沢さんのみ。笹木さんはカギ打ち、北村さんは浄瑠璃太夫を担当する。

 この日は台本の確認から始まり、動作や時間配分、イタリアの会場を想定し立ち位置などもみっちり。十次郎を演じるのは10年ぶりという下沢さんだが、浄瑠璃太夫の弾き語りが始まるとスムーズに18歳の若武者を演じ、大きく見えを切ったりもした。雰囲気で伝わるよう動作を大きくするなど試行錯誤した。

 下沢さんは「どこまで伝わるか分からないが、精いっぱい演じ、大鹿歌舞伎のいいところを見せたい」と張り切っていた。9月2日の出発まで同会場で稽古を重ねる。

 上演時間は15~20分程度。上演を前に、隈(くま)取りなどの化粧の様子や衣装の着付け風景なども披露する。75歳の男性が18歳の若者に変身していく様子も楽しんでもらう計画だ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【飯田市・下伊那】市田柿活性化推進協議会が「市田柿レシピブック」作成 知名度向上や消費拡大を目指す

12月9日金曜日15:21

【飯田市】伊賀良まちづくり協議会が沢城湖を考えるワークショップ開く

12月9日金曜日15:46

【飯田市】松尾寺所地区壮年会らが鳩ケ嶺八幡宮に奉納するしめ縄づくり 約9メートルのしめ縄3本を1本に

12月8日木曜日16:49

【高森町】下市田保育園で消防訓練 ジングルライダーも登場し園児らに防火ソングを披露

12月8日木曜日16:32

【飯田市】りんご並木70周年記念グッズが完成 飯田東中学校の生徒がデザイン

12月7日水曜日16:10

【高森町】JR東海がリニアのガイドウェイ側壁製作保管施設についての地元住民説明会

12月7日水曜日16:15

【飯田市】JAみなみ信州と飯伊地区労農会議がアフリカ・マリへ送る支援米の合同発送式開く

12月6日火曜日16:06

【飯田市】連合長野飯田地域協議会が定期総会 代表ら約100人出席し団結誓う

12月6日火曜日16:58

【飯田市】遠山郷に伝わる湯立て神楽「遠山の霜月祭り」始まる 今年は18日まで8神社で

12月5日月曜日15:58

【飯田市】リニア長野県内駅の周辺整備事業で市が土木工事の実施設計公表 駅前広場の模型を初公開

12月5日月曜日15:32

【飯田市・下伊那】「知事との県民対話集会」飯伊地域2日間の日程終える

12月3日土曜日14:06

【阿智村】昼神温泉郷で冬の風物詩「御湯」が開幕 利用者の無病息災、地域の安寧願い込め

12月3日土曜日14:31

【飯田市・下伊那】飯伊5市町村で「知事との県民対話集会」 首長や住民らと意見を交わす

12月2日金曜日15:16

【飯田市・下伊那】郷土誌「伊那」の3代目原田主幹が退任 伊那史学会と南信州新聞社が引き継ぎ

12月2日金曜日15:31

【阿南町】和合の念仏踊りと新野の盆踊りなどの「風流踊」がユネスコ無形文化遺産登録へ

12月1日木曜日16:21




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022秋冬

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞