新野の盆踊り 2年ぶりの開催に向け小中学生が練習

文化・芸能

[ 2021年 7月 22日 木曜日 13時31分 ]

 阿南町新野で8月に行われる国重要無形民俗文化財「新野の盆踊り」に向けて21日、新野小学校で盆踊り講習会が開かれた。昨年は新型コロナウイルスの影響を受け約500年の歴史の中で初めて中止としたが、今年は規模を縮小して実施する。参加した同校児童や阿南第二中の生徒らは2年ぶりの開催を喜び、8月14日からの本番に向けて踊りや歌の練習に励んだ。

 両校は毎年1学期の終業式に合わせ、踊りを伝承する「新野高原盆踊りの会」(山下昭文会長)を招いて講習会を開いている。この日は、児童生徒、職員、会員ら80人余りが参加。輪をつくり、「すくいさ」「高い山」「音頭」「能登」など7種類全ての踊りを踊り、所作の一つ一つを確認した。

 幼少期から参加している中学生らは、踊りが始まるとすぐに勘が戻り、会員らと動きをそろえた。経験の浅い小学生らは、まずは踊りを楽しみながら、少しずつ動きを覚えていった。

 新野の盆踊りは、笛や太鼓などの鳴り物を一切使わず、櫓の上で踊る「音頭取り」の「音頭出し」とその回りに輪をつくる踊り子の「返し」の声だけで行うのが特徴。毎年中学生も音頭取りに挑戦しており、3年生の生徒の一人(15)は「昨年は中止となり残念だった。今年は櫓の上で踊れるのが楽しみ。大きな声を出し、しっかりと踊りたい」と力を込めた。

 例年は14日夜から17日の明け方まで毎晩、夜通し踊り明かすが、今年の踊りは14、15日の午後9時~午前0時までとする。17日早朝には「踊り神送り」を行う。参加者は地区住民に限る。

 8月10日以降町内で新型コロナ感染者が確認された場合や、南信州広域圏の県独自の感染警戒レベルが2以上になった場合には中止する。

 山下会長は「昨年はコロナの影響で中止せざるを得なかったが、住民から寂しい、悲しいという多くの声を聞いた。2年続けての中止となると、子どもたちの盆踊りへの興味が薄れてしまう恐れもある。規模は縮小しても踊ることで、若い人たちの中に、伝統を受け継ぐという思いを育んでもらいたい」と話した。

◎写真説明:踊りの練習に励む生徒、児童ら(新野小)

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【飯田市】市消防団が防災功労者内閣総理大臣表彰「昨年7月豪雨で人命の安全確保と被害軽減に尽力」

9月21日火曜日15:36

【飯田市】「SDGs身近に」田畑茶舗が期限切れのお茶をほうじ茶にする「息吹茶サービス」を開始

9月21日火曜日15:38

【長野5区】衆院任期満了まで1カ月、日程不透明も与野党の動き活発

9月20日月曜日13:58

【飯田市】和田諏訪神社で御柱祭に向けて用材伐採「斧入れ式」

9月20日月曜日13:33

【飯田市】飯田商工会議所が飲食店応援プロジェクト「いいだHappy Eats」始動

9月18日土曜日13:37

【飯田市】飯田署が動物園に委嘱状を交付

9月18日土曜日13:40

【阿南町】阿南高校生が「鈴ケ沢なす」や「鈴ケ沢南蛮」など伝統野菜見学

9月17日金曜日15:28

【飯田市】美術博物館が菱田春草子ども向け鑑賞ガイド作成

9月17日金曜日15:24

【飯田市】保護猫ふれあいハウスかぎしっぽが閉店へ

9月16日木曜日16:28

【飯田下伊那】からあげグランプリ決勝大会開催へ

9月16日木曜日16:52

【飯田市】風越高生徒有志らが駅前プラザ活用プロジェクト

9月15日水曜日15:50

【大鹿村】観光協会が電動自転車試乗会開く

9月15日水曜日15:12

【飯田市】コロナ感染症対策第10弾を発表

9月14日火曜日15:08

【阿智村】村長らが高齢者の祝賀訪問

9月14日火曜日15:32

【売木村】飯伊に「スポーツの秋」

9月11日土曜日13:45








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞