無病息災願い事の神送る

文化・芸能

[ 2020年 2月 11日 火曜日 13時28分 ]

 飯田市千代の芋平地区で8日、1年の無病息災を願う「事の神送り」が行われた。早朝から住民約30人がみこしや人形を集会所で制作。人形をみこしに納め、鉦(かね)と太鼓の音に合わせて練り歩いて上久堅地区へ神を送り出した。

 疫病の原因となる神様を集落の外に送り出す行事で、400年以上前から伝わるとされる。国の選択無形民俗文化財「伊那谷のコト八日行事」の一つで、千代地区では野池と芋平地区を出発地点に、龍江や上久堅地区を経由して喬木村境まで神様を送る。

 芋平の住民たちは早朝から集会所に集まり、旗やみこしなどを制作。8本の笹飾りには厄を乗せて送るとされる「馬」と書いた紙を、年間月数を表す12枚ずつくくりつけた。

 人形作りは松下澄男さん(76)と辻元孝博さん(62)が担当。わらで「オトコガミ」と「オンナガミ」の胴体と手足を作り、顔の描かれた和紙、髪、ふんどしなどを丁寧に装飾した。

 40年以上人形制作に携わる松下さんは「毎年できが違う。稲刈りをした際に、人形作りのためになるべく長いわらを取っておいている」と笑顔で話した。

 松下さんらに習い、人形作り4年目の辻元さんは「少し大きくすると持つのが難しい。今回は今まで以上によくできた」と出来栄えを見て喜んだ。

 完成した人形をみこしの内側に納め、一行は芋平を出発。鉦や太鼓を打ち鳴らし、上久堅地区との境へ向かって歩いた。境の上久堅蛇沼に到着した住民たちは、竹飾りやみこし、旗を置いて拝み、送った神様を連れてこないよう、振り返らずに帰路へ着いた。

 芋平地区の小組合長を務める櫻井登さん(81)は「天気がいい中で行うことができた。人数は少なくなったが、伝統を守り、若い人につないでいきたい」と話していた。

◎写真説明:上久堅地区との境まで神を送り練り歩く

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【高森町】まちづくりプラン達成度の評価会議を一般公開 内部と外部2つの視点で分析

8月18日木曜日15:39

【泰阜村】ウクライナ支援「平和の種プロジェクト」で配布されたヒマワリが見ごろ

8月18日木曜日15:10

【天龍村】向方地区の「かけ踊り」が16年ぶりに復活 懐かしい光景に感慨ひとしお

8月17日水曜日15:35

【泰阜村】村長選で再選を果たした横前明氏が初登庁 2期目も子育て支援柱に掲げる

8月17日水曜日15:51

【阿南町】「新野の盆踊り」3年ぶり開催 商店街に盆唄響く

8月15日月曜日13:27

【阿南町】「和合の念仏踊り」始まる 掛け声とともに激しく飛び跳ねる

8月15日月曜日13:36

【飯田市】飯田女子短期大学で防災講座 体験通じて災害時に生きる術を学ぶ

8月13日土曜日13:52

【飯田市】下伊那農業高校畜産部が明大生と移動式鶏小屋を共同開発「地域と鶏、環境に優しい鶏小屋」

8月13日土曜日13:39

【飯田市】カップめん、ガム、アイスクリーム…昭和の懐かしい自動販売機の数々が展示

8月12日金曜日16:14

【阿智村】満蒙開拓平和記念館「鎮魂の夕べ」で犠牲者追悼 明日の平和へ史実語り継ぐ

8月12日金曜日16:03

【飯田市・下伊那】7高校の図書委員が交流会 他校の活動から新たな取り組みのヒントを探る

8月11日木曜日13:14

【リニア中央新幹線】JR東海が「要対策土」公共事業でも管理の意向 積極的に候補地を探す姿勢示す

8月11日木曜日13:37

【高森町】丸山公園平和の丘で「平和をつなぐつどい」 被爆アオギリ「2世」前に平和への思い強める

8月10日水曜日15:31

【飯田市・下伊那】JAみなみ信州が農作物盗難被害防止のパトロール開始 警察署や市町村とも連携

8月10日水曜日15:13

【長野県知事選】阿部氏が4選「県民の思いに寄り添う」 投票率は過去最低の40.94%

8月9日火曜日15:04




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022秋冬

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞