阿弥陀寺で千体仏観音堂のお祭り

文化・芸能

[ 2016年 4月 20日 水曜日 8時04分 ]

 飯田市丸山町2の浄土宗・仏性山阿弥陀寺(伊那西国第十八番観音霊場)の境内にある「千体仏観音堂」のお祭りが18日に行われた。年1回しかご開帳しないという秘仏の千体仏を崇敬する護寺会(松下數之会長)が19年ぶりに新しい提灯(ちょうちん)を奉納した。

 この観音堂は、小さな堂内に多くの仏が安置されている。飯田城主脇坂安政が父安元の菩提を弔うため建てたと言われ、内部の束に寛文12年(1672)と建立の年が記されている。この年、脇坂氏は播磨竜野に移封になっている。飯田市にある建物のうち古い方から5本の指に数えられ、建築物としても貴重なことから、仁王門とともに同市文化財に指定されている。

 同寺の宮澤徹成住職によると、同寺は風越山麓の阿弥陀沢にあったが、宝永年間(1704~1711)に観音堂の境内地へ移り、観音堂の預かり寺になった。以来、毎年4月18日に千体仏をご開帳しお祭りしている。平成初めまで奉賛会があったが、今は護寺会が中心となって行っている。

 ことしは平成9年(1997)の33観音のお祭り以来19年ぶりに、新たに提灯72個を檀家から寄付してもらい奉納した。この日は、護寺会の世話人や女性部役員ら約50人が集まり、先祖代々のお祭りをした。

 千体仏観音堂の建立記念で脇坂氏お手植えの桜といわれるシダレザクラ(阿弥陀寺の枝垂れ桜)の花が散った観音堂前の境内には真新しい提灯が掲げられ、風越保育園の園児たちがお参りする姿も。松下会長は「脇坂氏が千体仏観音堂をつくったところに阿弥陀寺が移ってきた。お寺が代々観音堂を預かりお祭りしてきた。皆さんに知ってもらい、ずっと後世に残していきたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【阿智村】満蒙開拓平和記念館が来館者20万人を達成 平和の尊さ未来へ伝える拠点に

11月30日火曜日15:33

【飯田市】お練りまつり奉賛会が広告塔を設置 7年に一度の祭りをアピール

11月30日火曜日15:06

【阿南町】国交省天竜川上流河川事務所が地すべり対策事業の着工式開く

11月29日月曜日15:31

【飯田市】「最も長い鉄板」のギネス世界記録挑戦イベント開催

11月29日月曜日15:56

【飯田市】商議所青年部がキッチンカーフェスティバル開催 飲食や音楽でにぎわいみせる

11月27日土曜日14:47

【阿智村】飯田国道事務所が除雪出発式を開く 安全な交通確保と作業実施への意識高める

11月27日土曜日14:46

【飯田市】ギネス世界記録に挑戦する世界一長い鉄板製作が佳境 「飯田焼肉の日」の29日に

11月26日金曜日16:45

【飯田市】サッカークラブ「アザリー飯田フットボールクラブ」が今シーズンの全日程終了

11月26日金曜日15:31

【松川町】リニア建設工事の残土運搬車両 来年1月からモニタリング調査実施へ

11月25日木曜日16:05

【豊丘村】JR東海と建設会社などが中央新幹線安全推進協議会を設立 リニアトンネル工事の崩落事故を受け豊丘村で初会合

11月25日木曜日16:13

【飯田市】佐藤健市長 市議会定例会あいさつで2022年度予算編成基本方針に触れる 「コロナ禍を乗り越え、日常を取り戻す年」

11月24日水曜日16:45

【飯田市・下伊那】JAみなみ信州が飯田下伊那地域特産の干し柿「市田柿」の出荷始める 「甘さしっかりで、もっちり」

11月24日水曜日16:32

コラボ案件続々! バーチャルシンガー花譜へ 楽曲提供&クラブサウンド共作も

11月22日月曜日19:31

【飯田市】大宮諏訪神社大総代が来年の式年大祭の関連神事「神輿渡御」の順路を確認

11月22日月曜日15:59

【松川町】上片桐の御射山神社御柱祭に向け、氏子らが巨木を伐採 「無事に建立できれば」

11月22日月曜日15:41








記事の検索はこちらから




三遠南信biz










南信州企業ナビ

南信州飯田観光ガイド2021

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞