飯田創造館でリア美と後藤さん遺作展開催中

文化・芸能

[ 2010年 1月 23日 土曜日 8時36分 ]

 リアリズム美術家集団(菅沼立男代表)主催の「リア美と後藤一夫遺作展」は26日まで、飯田市小伝馬町の県飯田創造館で開かれている。個性あふれる会員の作品58点をはじめ、飯田市松尾の故・後藤一夫さん(1929―2007)の日本画34点と油彩画1点を展示している。

 同団体は日本美術会飯伊支部の流れをくみ、「自分と自分の中から感じるリアリティー」を追求。個性を尊重する会で、現在は13人が参加している。会員展は恒例の催しで、一人ひとり画風の異なる油彩画や水彩画を展示している。

 後藤さんは学生の頃から絵を独学で学び、1953年、日本美術会飯伊支部結成に参加。以後「飯田美術協議会」「リアリズム美術家集団」と団体名が改称されたのちも毎回出品を続けた。平和展やアンデパンダン展、日春展にも参加し、酒や歌、旅を愛した。晩年は出身地である松尾の公民館で、絵を教えていたという。

 後藤さんの作品は、墨のにじみがしみじみとした印象を与える「御岳山」や、優しく温かな色合いの「小牧城」など、素朴でやわらかな画風のものが多い。また、オレンジ色の背景と緑青の大仏の色彩の対比が印象的な「大仏」や、激しい筆触の油彩画「松川」など異彩を放つものもある。

 会員の作品も、枯れてなお力強く立つヒマワリ、カンバスに見立てられたパレットに描かれたトラ、飯田下伊那の風景など、さまざまなモチーフがそれぞれの手法で描かれている。

 会員の1人は「個々の自由な方法で写実を追及するうちに自分の解釈が生まれ、絵が深まっていく。楽しく制作しながら会員どうしの絆を深め、自由闊達な絵を描くのがリア美の方針」と語った。

 午前9時から午後5時(最終日は同4時)まで、入場無料。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【飯田市】松尾寺所地区壮年会らが鳩ケ嶺八幡宮に奉納するしめ縄づくり 約9メートルのしめ縄3本を1本に

12月8日木曜日16:49

【高森町】下市田保育園で消防訓練 ジングルライダーも登場し園児らに防火ソングを披露

12月8日木曜日16:32

【飯田市】りんご並木70周年記念グッズが完成 飯田東中学校の生徒がデザイン

12月7日水曜日16:10

【高森町】JR東海がリニアのガイドウェイ側壁製作保管施設についての地元住民説明会

12月7日水曜日16:15

【飯田市】JAみなみ信州と飯伊地区労農会議がアフリカ・マリへ送る支援米の合同発送式開く

12月6日火曜日16:06

【飯田市】連合長野飯田地域協議会が定期総会 代表ら約100人出席し団結誓う

12月6日火曜日16:58

【飯田市】遠山郷に伝わる湯立て神楽「遠山の霜月祭り」始まる 今年は18日まで8神社で

12月5日月曜日15:58

【飯田市】リニア長野県内駅の周辺整備事業で市が土木工事の実施設計公表 駅前広場の模型を初公開

12月5日月曜日15:32

【飯田市・下伊那】「知事との県民対話集会」飯伊地域2日間の日程終える

12月3日土曜日14:06

【阿智村】昼神温泉郷で冬の風物詩「御湯」が開幕 利用者の無病息災、地域の安寧願い込め

12月3日土曜日14:31

【飯田市・下伊那】飯伊5市町村で「知事との県民対話集会」 首長や住民らと意見を交わす

12月2日金曜日15:16

【飯田市・下伊那】郷土誌「伊那」の3代目原田主幹が退任 伊那史学会と南信州新聞社が引き継ぎ

12月2日金曜日15:31

【阿南町】和合の念仏踊りと新野の盆踊りなどの「風流踊」がユネスコ無形文化遺産登録へ

12月1日木曜日16:21

【阿南町】阿南第二中を小学校と併設型の小中一貫校に 24年4月までの設置を目指す

12月1日木曜日16:18

【喬木村】キャッチボールクラシックで全国大会出場の喬木少年野球クラブが村長を訪問

11月30日水曜日15:12




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022秋冬

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞