最後の展覧会華やかに 12月閉館の中電ギャラリー

文化・芸能

[ 2014年 11月 28日 金曜日 12時04分 ]

 12月の閉館が決まっている飯田市吾妻町の中電ふれあいギャラリーで、最後の展覧会が同月2日まで開かれている。“独創無手勝流家元”を名乗る飯田市滝の沢の長沼紙郎(本名・久夫)さんが「謝恩お名残り舞台」と題して、創作人生60年の集大成といえる自作の押絵羽子板、歌舞伎人形などを会場いっぱいに展示している。

 長沼さんは芸所飯田の情緒が色濃かった馬場町に生まれ、扇町にあった大松座で母親と歌舞伎を見たことがきっかけで「美しくはかないもの」(長沼さん)に心を引かれるようになり、10代から歌舞伎の舞台写真や浮世絵などを参考に、自己流の作品を作るようになった。

 過去に3回ほど個展を開いた同ギャラリーには思い入れがあり、今展は予定されていた展覧会がキャンセルになったと知って「できるだけ華やかな雰囲気にして千秋楽を飾りたい」と開催。「傾城」と題したおいらんなどの人形36体、江戸の粋な雰囲気が漂う押絵羽子板25点、美人画を中心とした押絵を展示している。

 長沼さんは「最終回は望んでもできないが、よい機会を与えてもらえた。閉館は残念だけれど、最後にふさわしい華やかな雰囲気にしたつもり」と笑顔で話した。

 来場者は「どれも素晴らしくて見入ってしまう」と話しながら、美しさにこだわった作品の数々をじっくりと鑑賞している。

 同ギャラリーは1974(昭和49)年8月に開設。地元のグループ、個人に1週間ずつ無料で貸し出していたが、コスト削減策の一環として閉鎖されることになった。年末の恒例だった歳末チャリティー展は行わない。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【飯田市】飯田風越高校で創立120周年記念式典開く

10月16日土曜日14:05

【高森町】高森中3年生が園児に自作の紙芝居を読み聞かせ「すごく喜んでくれた」

10月16日土曜日14:24

【天龍村】国道418号神原トンネル現場見学会に児童らが参加「勉強になった」

10月15日金曜日16:27

【大鹿村】大鹿歌舞伎題材のご当地ポスト「大鹿カブシャンポスト」が道の駅に設置

10月15日金曜日15:04

【長野5区】衆議院解散で総選挙に突入 19日公示、31日投開票

10月14日木曜日15:27

【喬木村】現職・市瀬直史氏が村長選出馬を表明

10月14日木曜日15:18

【豊丘村】地元の味と香りを堪能 小中学校でまつたけ給食

10月13日水曜日15:48

【飯田市】佐藤健飯田市長 就任1年目の市政経営を振り返る

10月13日水曜日15:59

【飯田市・下伊那】緊急事態宣言解除で体験型教育旅行の受け入れが本格化

10月12日火曜日15:45

【天龍村】天龍村の村指定無形民俗文化財「満島神社の秋祭り」開催

10月12日火曜日15:03

【売木村】200キロを走るウルトラマラソン大会を初開催 累計標高差4000メートル超の山岳コースに挑む

10月9日土曜日14:43

【飯田市】菱田春草の没後110年特別展が始まる 「黒き猫」をはじめ珠玉の名画が一堂に

10月9日土曜日14:17

【飯田市】佐藤市長が信大学長に新学部誘致の意向伝える

10月8日金曜日16:29

【阿智村】上清内路諏訪神社で江戸時代から続く伝統煙火奉納

10月8日金曜日16:11

【飯田市】高校生対象にライフデザインセミナー 「地元で子育てを考えてくれたらうれしい」

10月7日木曜日15:28








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞