2年ぶりに花火打ち上げ

文化・芸能

[ 2021年 8月 23日 月曜日 15時57分 ]

 飯田市内で最も早い秋祭りとして知られる矢高諏訪神社(同市鼎下山)の秋季祭典が21、22の両日、同神社であった。21日の宵祭りは、きおいこみや出店、連合大三国を取りやめ、花火の打ち上げのみに規模を縮小。15基のスターマイン・大スターマインと約200発の花火が鼎の夜空を彩った。

 同神社は鼎地区の全10地区のうち、一色と切石、名古熊の3地区を除く旧鼎村の上山、下山、中平、上茶屋、下茶屋、東鼎、西鼎の計7区、約300戸を氏子としている。秋祭りは氏子衆の家内安全や五穀豊穣、無病息災、商売繁盛などを祈願する年中行事として長く受け継がれている。

 昨年の祭典は、新型コロナ感染症予防のため、関係者らが神事のみを執り行った。2年ぶりとなった今回の花火の打ち上げは、集まらずに自宅で楽しむ「家見の花火」を地域住民に提案し、打ち上げ場所の矢高中央公園周辺を通行止めとするなど、感染症対策を徹底した。

 直前まで雨が降り続いていたが、開始時刻の午後7時には上がった。色とりどり、多様な形の花火が夜空に大輪を描いた。

 年番長で下茶屋区長の福澤博さんは「これまでは毎年のことと思って何となく見ていた花火だが、久しぶりに見ると、とても美しかった。コロナで暗くなっている人々の心を鼓舞してくれたようだ」と話していた。

◎写真説明:2年ぶりに打ち上げられた矢高神社の花火(写真部・辻元健朗)

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【飯田市】上村小児童が湯立神楽「霜月祭り」に向け横笛を練習「一生懸命吹いて、練習の成果を出したい」

12月1日水曜日15:13

【飯田市】喜久水酒造が国際シードル品評会で県内で唯一の最高賞を受賞

12月1日水曜日15:57

【阿智村】満蒙開拓平和記念館が来館者20万人を達成 平和の尊さ未来へ伝える拠点に

11月30日火曜日15:33

【飯田市】お練りまつり奉賛会が広告塔を設置 7年に一度の祭りをアピール

11月30日火曜日15:06

【阿南町】国交省天竜川上流河川事務所が地すべり対策事業の着工式開く

11月29日月曜日15:31

【飯田市】「最も長い鉄板」のギネス世界記録挑戦イベント開催

11月29日月曜日15:56

【飯田市】商議所青年部がキッチンカーフェスティバル開催 飲食や音楽でにぎわいみせる

11月27日土曜日14:47

【阿智村】飯田国道事務所が除雪出発式を開く 安全な交通確保と作業実施への意識高める

11月27日土曜日14:46

【飯田市】ギネス世界記録に挑戦する世界一長い鉄板製作が佳境 「飯田焼肉の日」の29日に

11月26日金曜日16:45

【飯田市】サッカークラブ「アザリー飯田フットボールクラブ」が今シーズンの全日程終了

11月26日金曜日15:31

【松川町】リニア建設工事の残土運搬車両 来年1月からモニタリング調査実施へ

11月25日木曜日16:05

【豊丘村】JR東海と建設会社などが中央新幹線安全推進協議会を設立 リニアトンネル工事の崩落事故を受け豊丘村で初会合

11月25日木曜日16:13

【飯田市】佐藤健市長 市議会定例会あいさつで2022年度予算編成基本方針に触れる 「コロナ禍を乗り越え、日常を取り戻す年」

11月24日水曜日16:45

【飯田市・下伊那】JAみなみ信州が飯田下伊那地域特産の干し柿「市田柿」の出荷始める 「甘さしっかりで、もっちり」

11月24日水曜日16:32

コラボ案件続々! バーチャルシンガー花譜へ 楽曲提供&クラブサウンド共作も

11月22日月曜日19:31








記事の検索はこちらから




三遠南信biz










南信州企業ナビ

南信州飯田観光ガイド2021

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞