飯田創造館で池坊飯田支部の花展

文化・芸能

[ 2016年 3月 22日 火曜日 9時08分 ]

 華道家元池坊飯田支部(尾関百合子支部長)の花展が19、20の両日、飯田市小伝馬町の県飯田創造館で開かれた。「思いをこめて・花」をテーマに、会員168人が出瓶。春の花材による小品から大作まで、多彩な作品を展示した。

 会場には、仏前に供えた池坊初期の様式「立花」や、植物の特徴を生かした「生花」、それぞれの感性で生ける「自由花」の作品を並べている。会場入り口には、草木の動きを生かした「立花新風体」の大作を展示。高く伸びたシラビソの下に枯れ木や鮮やかな紫のバンダ、赤いトラフアナナスなど12種類の花材を組み合わせ、巨大な細長い花器に生けていた。

 花の色彩や形を自由に構成する自由花では、現代的な建築に合わせてレリーフやタペストリーなど壁に掛けて飾る作品や、個性的な花器を取り入れたものが目立つ。7人で合作した大作では、サクラの古木を立て並べ、上にシダレザクラや松、カラフルな洋花を飾っている。

 伝承のコーナーでは古典の生花を展示している。ボケと小菊を生けた横向きの竹の花器をつって飾り、出港する舟を表現した「出舟」や、伝統的な花器「御玄猪」にサンシュウを生けたものなど。

 20―50代までの会員で構成する青年部は、インディアンのお守り「ドリームキャッチャー」をイメージした大作を出品した。大きさの異なる3種類の木枠に組紐を渡し、ニホンレンギョウを中心とした花材をあしらって、良い夢が届くように―という思いを込めた。

 尾関支部長は「草木の命を見つめつつ日々研さんに励み、精進した成果を、花に思いを込めて表現した。その中に、未来へ続く新しい生け花の姿を感じ取っていただけたら。特に若い方に関心を持ってもらえたらうれしい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

グリムスパンキーニュース 2021.09.19.

9月23日木曜日16:42

【リニア中央新幹線】長野県内初、伊那山地トンネル青木川工区の本線用トンネル掘削を開始

9月22日水曜日16:15

【飯田市・喬木村】4社がフィットネス市場に向け半生菓子を発売「トレーニングに最適」

9月22日水曜日15:36

【飯田市】市消防団が防災功労者内閣総理大臣表彰「昨年7月豪雨で人命の安全確保と被害軽減に尽力」

9月21日火曜日15:36

【飯田市】「SDGs身近に」田畑茶舗が期限切れのお茶をほうじ茶にする「息吹茶サービス」を開始

9月21日火曜日15:38

【長野5区】衆院任期満了まで1カ月、日程不透明も与野党の動き活発

9月20日月曜日13:58

【飯田市】和田諏訪神社で御柱祭に向けて用材伐採「斧入れ式」

9月20日月曜日13:33

【飯田市】飯田商工会議所が飲食店応援プロジェクト「いいだHappy Eats」始動

9月18日土曜日13:37

【飯田市】飯田署が動物園に委嘱状を交付

9月18日土曜日13:40

【阿南町】阿南高校生が「鈴ケ沢なす」や「鈴ケ沢南蛮」など伝統野菜見学

9月17日金曜日15:28

【飯田市】美術博物館が菱田春草子ども向け鑑賞ガイド作成

9月17日金曜日15:24

【飯田市】保護猫ふれあいハウスかぎしっぽが閉店へ

9月16日木曜日16:28

【飯田下伊那】からあげグランプリ決勝大会開催へ

9月16日木曜日16:52

【飯田市】風越高生徒有志らが駅前プラザ活用プロジェクト

9月15日水曜日15:50

【大鹿村】観光協会が電動自転車試乗会開く

9月15日水曜日15:12








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞