「よこね米」ブランド化へ こだわりの米粉も商品化 飯田市千代

南信州経済

[ 2017年 11月 22日 水曜日 16時23分 ]

米を市長に贈る川手さん(左下は新パッケージの米)

 日本の棚田百選の「よこね田んぼ」(飯田市千代)を維持管理する保全委員会(川手重光委員長)は21日、市役所を訪れ、はざ掛け天日干しの新米と新商品の米粉を牧野光朗市長に贈った。

 今年は2度の台風や雨の影響があったものの、前半は天候に恵まれ、豊作といえる28俵を確保した。

 県オリジナル米「風さやか」は「よこね米」とネーミングし、贈り物にしやすい1キロ入り(600円)と3合(450グラム)入り(300円)で販売する。

 米粉(500円)も健康志向の人に買ってもらおうと、はざ掛け、無農薬の新米で作った。しゃれたイメージパッケージは、よこね田んぼに関わる地域おこし協力隊の上原祐二さん(45)がデザインした。

 一般向けには平谷村の道の駅で年内に販売し、新年に向けて3キロ入りのもち米(1800円)も売り、売り上げはよこね田んぼの保全に充てる。

 残りの120キロは日本酒の試験醸造に充て、試飲会を来春開く予定だ。

 牧野市長は「全国的にコメのブランドが増えている。よこね米もブランド化ができるといい」と期待した。

 川手さんは「田んぼのオーナーを少しずつ増やしながら、風味が違うはざ掛け米のおいしさをより多くの消費者に伝えたい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【飯田市】東野大獅子保存会がお練りまつりに向け準備 獅子舞の屋台部分などに使う竹の加工作業

1月24日月曜日16:10

【平谷村】ほっとパークひらや郷でアイスキャンドル 親子連れらが幻想的な明かり楽しむ

1月24日月曜日16:34

グリムスパンキー ニュース 2022.01.23.

1月23日日曜日17:41

【飯田市・下伊那】各地の最低気温が今冬最低を観測 高森町牛牧の不動滝は全面結氷に

1月22日土曜日13:31

【阿智村】任期満了に伴う阿智村長選25日に告示へ 24年ぶりの選挙戦

1月22日土曜日13:41

【飯田市】新型コロナウイルスワクチンの3回目接種 65歳以上の高齢者対象に来月開始へ

1月21日金曜日15:41

【天龍村】神原地区で早咲きの梅「冬至梅」ほころぶ 気温上がらず例年より遅く

1月21日金曜日15:54

【飯田市・下伊那】冬場に多発 広域消防がヒートショックの注意呼び掛け

1月20日木曜日15:59

【飯田市】リニア中央新幹線の建設工事 下久堅で残土の盛り土造成準備工事進む

1月20日木曜日15:07

【喬木村】喬木村議再選挙18日告示 新人の松村光洋氏が初当選

1月19日水曜日15:43

【喬木村】任期満了に伴う喬木村長選が18日告示 市瀬直史氏が無投票3選決める

1月19日水曜日15:35

【大鹿村】リニア中央新幹線・南アルプストンネル長野工区先進坑 残土や資機材を運搬する工事用車両の通行始まる

1月18日火曜日15:01

【喬木村】任期満了に伴う喬木村長選が18日告示 市瀬直史氏が届け出と出陣式

1月18日火曜日15:47

【飯田市】市街地飲食店の新型コロナウイルスによる影響「今が一番苦しい」

1月17日月曜日15:30

【高森町】町発祥の市田柿を学校給食に提供「おいしく食べて、親しんで」

1月17日月曜日15:13




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




三遠南信biz

南信州企業ナビ

南信州飯田観光ガイド2021

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞