【豊橋市・飯田市】ヤマサちくわがねぎだれに合う練り物を商品化「飯田おでんの具にも」

南信州経済

[ 2021年 9月 24日 金曜日 17時08分 ]

 豊橋市のヤマサちくわ(佐藤元英社長)は、三遠南信「食のコラボ」の第2弾として、飯田のねぎだれとおでんに合う練り物「いかニラ揚」を商品化した。25、26の両日にアピタ飯田店とドン・キホーテ高森店、アピタ伊那店で販売し、10月1日からはキラヤ全店で期間限定販売する。

 いかニラ揚は、飯田ならではの食文化・ねぎだれと豊橋の練り物文化を融合させた新感覚の商品。塩いかを好む地域性も踏まえ、スルメイカをニラ、ショウガ、食感のアクセントとなるキクラゲとともに練り込んだ。

 ねぎだれ文化は丸昌稲垣(飯田市上郷黒田)の瓶入りねぎだれを通じて知り、飯田の飲食店視察や試作を重ねた末に「そのままでもおいしいが、ねぎだれを付けるとさらにおいしく、おでんの具にもなる」(ヤマサちくわ営業部)という商品に仕上げた。

 売り場では丸昌稲垣のねぎだれと並べて販売し、豊橋と飯田の連携を印象付ける。

 統括マネージャーの神谷治男さんは「ショウガがたっぷり入っているので、おでんに入れると体がポカポカ温まる。秋冬は特にお薦め」と仕上がりに自信をのぞかせた。

 ヤマサちくわの地域間コラボ企画は「三遠南信道の全線開通を見据え、東三河と南信州の交流を今から盛んにしたい」と本年度からスタート。マルマン(飯田市大通)と共同開発し、7月に発売した第1弾コラボ商品「辛みそ揚」は売れ行き好調だった。

 いかニラ揚は6枚入りで希望小売価格は税込み270円。

◎写真説明:いかニラ揚とねぎだれを手にする佐藤社長

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【飯田市】JAみなみ信州と飯伊地区労農会議がアフリカ・マリへ送る支援米の合同発送式開く

12月6日火曜日16:06

【飯田市】連合長野飯田地域協議会が定期総会 代表ら約100人出席し団結誓う

12月6日火曜日16:58

【飯田市】遠山郷に伝わる湯立て神楽「遠山の霜月祭り」始まる 今年は18日まで8神社で

12月5日月曜日15:58

【飯田市】リニア長野県内駅の周辺整備事業で市が土木工事の実施設計公表 駅前広場の模型を初公開

12月5日月曜日15:32

【飯田市・下伊那】「知事との県民対話集会」飯伊地域2日間の日程終える

12月3日土曜日14:06

【阿智村】昼神温泉郷で冬の風物詩「御湯」が開幕 利用者の無病息災、地域の安寧願い込め

12月3日土曜日14:31

【飯田市・下伊那】飯伊5市町村で「知事との県民対話集会」 首長や住民らと意見を交わす

12月2日金曜日15:16

【飯田市・下伊那】郷土誌「伊那」の3代目原田主幹が退任 伊那史学会と南信州新聞社が引き継ぎ

12月2日金曜日15:31

【阿南町】和合の念仏踊りと新野の盆踊りなどの「風流踊」がユネスコ無形文化遺産登録へ

12月1日木曜日16:21

【阿南町】阿南第二中を小学校と併設型の小中一貫校に 24年4月までの設置を目指す

12月1日木曜日16:18

【喬木村】キャッチボールクラシックで全国大会出場の喬木少年野球クラブが村長を訪問

11月30日水曜日15:12

【飯田市・下伊那】森林を守り、技術を学ぶ 千代の山林で「森集人」がボランティア作業

11月30日水曜日15:17

【阿智村】村の魅力再認識、阿智☆昼神観光局が村内一斉ライトダウンイベント開く

11月29日火曜日15:02

【飯田市】日本一の焼肉のまちの発信拠点「信州飯田焼肉研究所」がオープン

11月29日火曜日15:48

【飯田市】南信州アルプスフォーラムが勉強会 リニア長野県駅開業に向け、明大・佐々木教授が助言

11月28日月曜日16:44




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022秋冬

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞