【飯田下伊那】マツタケの収穫が始まる

南信州経済

[ 2021年 9月 4日 土曜日 13時19分 ]

 飯田下伊那地域の産地でマツタケの収穫が早くも始まり、豊丘村役場に隣接する飯伊森林組合北部支所や販売店に近隣の農家らが持ち込んでいる。8月の長雨に加え、最高気温が30度を下回る日が続くなど生育に適した気候となっていることから、関係者は「この天候が長く続いてくれれば」と願っている。

 県内産キノコを取り扱う同村河野の「浅井商店」(浅井一昭代表)には、先月27日に今シーズン初の持ち込みがあった。例年と比べて10日以上早い初入荷だが、村内や上伊那郡中川村産を中心に毎日1、2キロが入荷され、長さ20センチの立派なマツタケも持ち込まれたという。浅井代表は「今年は9月下旬から10月上旬が最盛期になるのでは」とみている。

 既に全国から注文が集まっており、18日からは完全予約制でマツタケ料理の提供も始める。2019年は記録的な不作、20年も収穫量が例年を下回って「注文をお断りするケースも多かった」だけに、「雨がしっかりと降って気温も低めで、条件はここ2年より断然いい」と期待を寄せている。

 森林組合北部支所も豊丘村を中心に松川、高森、喬木の近隣町村から毎日5、6キロの入荷があり、今月中旬から直売所での販売を始める予定。金原史人支所長によると15センチほどの「この時期にしては大きい」サイズの入荷もあり、「いいスタートを切れたのではないか。暑さがぶり返すことがなければいいが」と話していた。

 マツタケはアカマツの根元に菌が集まった「シロ」を作り、涼しくなると菌が活発になって発生する。

 朝夕の気温が20度以下であることがマツタケに適した生育条件。地温が下がったことで出始めたものの、菌が活発化した後で再び気温が上がると菌が死ぬこともある。

◎写真説明:森林組合北部支所でも持ち込みが始まった

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【飯田市】連合長野飯田地域協議会が佐藤市長と懇談会 「働くことの安心社会の実現」に

12月8日水曜日15:12

【天龍村】天龍小学校で地域の高齢者を講師に伝統行事学ぶ 「おやす」や「しめ縄」餅つき大会も

12月8日水曜日15:11

【リニア】大鹿村の南アルプストンネル「小渋川―釜沢非常口」間の先進坑 JR東海が貫通を発表

12月7日火曜日15:13

【平谷村】ひまわりの森イルミネーションがお目見え 8万1000個が冬の平谷彩る

12月7日火曜日15:46

【下伊那】高森町でマイナンバーカードの出張申請窓口を設置「買い物ついでに申請を」

12月6日月曜日15:07

【飯田市】遠山郷に伝わる湯立て神楽「遠山の霜月祭り」 始まる 熊野神社など8神社で15日まで

12月6日月曜日15:16

【飯田市】エス・バードで南信州環境メッセが開幕 ゼロカーボン社会実現を目指して

12月4日土曜日14:24

【阿智村】昼神温泉郷で湯屋守様を並べ湯立て神事 温泉利用者の無病息災願う

12月4日土曜日14:30

【豊丘村】自転車活用推進計画策定委が下平村長に答申

12月3日金曜日16:40

【高森町】全日本アームレスリング選手権優勝の宮嶋さんが町長を表敬訪問

12月3日金曜日16:45

【飯田市・お練りまつり】本町三丁目大名行列保存会が役者全体会議を開く

12月2日木曜日15:25

【飯田市・お練りまつり】東野大獅子保存会が獅子頭など3点をシルクホテルに展示 宿泊客に祭りをPR

12月2日木曜日15:37

【飯田市】上村小児童が湯立神楽「霜月祭り」に向け横笛を練習「一生懸命吹いて、練習の成果を出したい」

12月1日水曜日15:13

【飯田市】喜久水酒造が国際シードル品評会で県内で唯一の最高賞を受賞

12月1日水曜日15:57

【阿智村】満蒙開拓平和記念館が来館者20万人を達成 平和の尊さ未来へ伝える拠点に

11月30日火曜日15:33




新聞購読について

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




三遠南信biz

南信州企業ナビ

南信州飯田観光ガイド2021

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞