【飯田市】「天竜舟下り」来年4月再開へ 事業承継する南信州観光公社が臨時株主総会

南信州経済

[ 2022年 10月 27日 木曜日 15時30分 ]

 飯田市の天竜川で信南交通が運航してきた「天竜舟下り」を承継する方針の南信州観光公社は26日、臨時株主総会を開き、信南交通が舟下り事業部門を分割して設立した新会社「南信州リゾート」(松尾新井)について株式を200万円で100%取得する基本合意書案を提示し、承認を得た。公社が株式を譲り受けて子会社化する計画で、譲渡価額について両社は簡易財務調査報告書を踏まえて既に合意している。

 計画によると、11月初旬に基本合意書を締結し、分割会社の譲渡契約を交わす。安全対策や航路整備などの営業準備を進め、年内のプレオープンを目指す。本格運航の開始は来年4月を予定する。

 再開に向けては再生戦略を練り、和船文化を伝承するガイダンス施設、リバースポーツアクティビティーの実施、カフェや食堂の経営、天竜峡新港の開設と市田港・鵞流峡・天龍峡コースの再開、観光施設戦略コンサルティング機能の設置など11事業を展開する。舟下り事業再開3年後の黒字転換を目指す。

 この日は新会社の経営体制を報告した。報告によると取締役が3人、支配人と営業事務が1人ずつ、船頭が7人、嘱託船頭が3人。

 天竜舟下りを巡り、信南交通は1月に舟下り事業から撤退すると表明。公社が事業承継に向けて模索していた。公社の高橋充社長は取材に「将来の観光の可能性を断ち切るわけにはいかない。舟下り事業を成功させることが地域の将来へ向かっていくことになり、天竜川中流域の観光振興につなげる」と話した。

 天竜舟下りは弁天港から時又港の約6キロ間を下る。再開に向けては「感動」と「体験」をテーマに掲げて事業展開したい意向で、別の会社が下流で運航する「天竜ライン下り」に言及すると「相乗効果へ連携できれば」とした。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【天龍村】天龍村坂部地区で伝統の柚餅子加工始まる「伝統食を残そう」NPOが継承

11月26日土曜日13:24

【飯田市】千代小学校生徒が地区内の窯で炭焼き体験 地域住民も協力する恒例の行事

11月26日土曜日13:08

【飯田市】南信州・飯田産業センターが福島イノベ機構と次世代空モビリティの発展へ連携協定

11月25日金曜日16:28

【天龍村】米ミドルベリー大の留学生がユズ収穫体験 柚餅子通じて日本の農村文化学ぶ

11月25日金曜日16:28

【飯田市・下伊那】JAみなみ信州で市田柿の出荷始まる「糖度高く、品質上々」

11月24日木曜日15:17

【下條村】伝承300年の節目祝う熱演におひねり 下條歌舞伎の定期公演が3年ぶりに通常開催

11月24日木曜日15:00

【飯田市】佐藤健市長が市議会定例会本会議で市長就任2年経過に言及「将来に向けた下ごしらえはできた」

11月22日火曜日16:34

【飯田市】伊賀良まちづくり協議会が沢城湖の整備検討へウオーキング開催 住民ワークショップの初回として現地散策

11月22日火曜日16:12

【飯田市】飯田下伊那を拠点に活動するアーティストでつくる「おぶすなアートプロジェクト」が合同公演

11月21日月曜日15:57

【飯田市】かざこし子どもの森公園で子育て応援フェス「IKU×IKU2022」子どもの成長と子育て応援

11月21日月曜日15:17

グリムスパンキー ニュース 2022.11.20.

11月19日土曜日18:34

【飯田市・下伊那】「メダル獲得へ決意」県縦断駅伝に向け飯田下伊那チームを壮行会で激励

11月19日土曜日14:05

【飯田市・下伊那】南信州ご当地ナンバー創設推進協議会が発足

11月19日土曜日13:34

【高森町】松本山雅FC運営会社がホームタウンの高森北小学校に交通安全かるたを寄贈

11月18日金曜日16:11

【飯田市】「将来の地域産業支えて」OIDE長姫高の生徒が工事現場を見学

11月18日金曜日16:12




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022秋冬

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞