【飯田市】「SDGs身近に」田畑茶舗が期限切れのお茶をほうじ茶にする「息吹茶サービス」を開始

南信州経済

[ 2021年 9月 21日 火曜日 15時38分 ]

 お茶を製造販売する田畑茶舗(田畑洋一社長、本店・飯田市知久町)は、以前から続けてきた「賞味期限切れの緑茶や棒茶をほうじ茶に加工する取り組み」を「息吹茶サービス」とネーミングし、10月から改めて利用を呼び掛ける。国連が掲げるSDGs(持続可能な開発目標)の1つ「つくる責任 使う責任」を身近に感じてもらうため、社会貢献として提供する。

 お茶をほうじ茶に加工するサービスは「しまい込んだまま飲まれず、古くなって捨てられる返礼品などのお茶の命を粗末にしてほしくない」と、焙煎機の導入に合わせて6年ほど前に開始。営利が目的でないためサービスの名称はなく、大々的なPRもしてこなかった。

 サービスに商品名を付けたのは、お茶がよみがえり、息を吹き返す取り組みの内容を分かりやすく伝えることで、これまで以上に食品ロスの削減につなげたいという考えから。「どこか分かりづらい」と感じるSDGsを自分ごとと捉えてもらうきっかけにもしたい考えだ。

 料金は100グラムにつき税別120円。田畑茶舗に持参するか宅配便で送る。一定量が集まった段階で焙煎して玄米を加え、ほうじ茶のパッケージに入れて返す。期間はおおむね2週間。

 取締役の田畑満美香さん(43)は「子どものころから『お茶を粗末にしてはいけない』と言われて育ったので、どこで買ったお茶であっても飲まずに捨てられるのは悲しい。おいしく生まれ変わったお茶を味わってもらえたら」と利用を呼び掛けている。

 茶葉は未開封のものに限り、抹茶入りやティーパックは対象外。古さは不問。加工の可否は店側が開封して判断する。

 問い合わせは本店(電話0120・07・2369)へ。

◎写真説明:焙煎してほうじ茶のパッケージに入れる

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【リニア中央新幹線】JR東海が安全対策をリニア対策委員会で報告 月内は試験走行期間

10月21日木曜日15:53

【飯田市】橋北まちづくり委が春草通りに案内図設置 菱田春草生誕地ほか歴史的建造物の位置を明示

10月21日木曜日15:22

【北部3町村】竜神大橋の建設期成同盟会が総会開く 早期完成を強く要望

10月20日水曜日16:43

【リニア中央新幹線】飯田市が座光寺の共和地区を巡り工事説明会 代替地は来月着工

10月20日水曜日15:51

【飯田市・下伊那】衆院選が公示、5区は与野党一騎打ち 12日間の短期決戦スタート

10月19日火曜日15:51

【飯田市】長編映画撮影の無償ボランティア募集

10月19日火曜日15:12

【大鹿村】大鹿歌舞伎秋季公演をライブ配信 静かな会場でこん身の演技

10月18日月曜日15:19

【飯田市・下伊那】南信州獅子舞フェスティバルが2年ぶり開催 14団体が勇壮に伝統舞

10月18日月曜日15:41

【飯田市】飯田風越高校で創立120周年記念式典開く

10月16日土曜日14:05

【高森町】高森中3年生が園児に自作の紙芝居を読み聞かせ「すごく喜んでくれた」

10月16日土曜日14:24

【天龍村】国道418号神原トンネル現場見学会に児童らが参加「勉強になった」

10月15日金曜日16:27

【大鹿村】大鹿歌舞伎題材のご当地ポスト「大鹿カブシャンポスト」が道の駅に設置

10月15日金曜日15:04

【長野5区】衆議院解散で総選挙に突入 19日公示、31日投開票

10月14日木曜日15:27

【喬木村】現職・市瀬直史氏が村長選出馬を表明

10月14日木曜日15:18

【豊丘村】地元の味と香りを堪能 小中学校でまつたけ給食

10月13日水曜日15:48








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞