【飯田市】「SDGs身近に」田畑茶舗が期限切れのお茶をほうじ茶にする「息吹茶サービス」を開始

南信州経済

[ 2021年 9月 21日 火曜日 15時38分 ]

 お茶を製造販売する田畑茶舗(田畑洋一社長、本店・飯田市知久町)は、以前から続けてきた「賞味期限切れの緑茶や棒茶をほうじ茶に加工する取り組み」を「息吹茶サービス」とネーミングし、10月から改めて利用を呼び掛ける。国連が掲げるSDGs(持続可能な開発目標)の1つ「つくる責任 使う責任」を身近に感じてもらうため、社会貢献として提供する。

 お茶をほうじ茶に加工するサービスは「しまい込んだまま飲まれず、古くなって捨てられる返礼品などのお茶の命を粗末にしてほしくない」と、焙煎機の導入に合わせて6年ほど前に開始。営利が目的でないためサービスの名称はなく、大々的なPRもしてこなかった。

 サービスに商品名を付けたのは、お茶がよみがえり、息を吹き返す取り組みの内容を分かりやすく伝えることで、これまで以上に食品ロスの削減につなげたいという考えから。「どこか分かりづらい」と感じるSDGsを自分ごとと捉えてもらうきっかけにもしたい考えだ。

 料金は100グラムにつき税別120円。田畑茶舗に持参するか宅配便で送る。一定量が集まった段階で焙煎して玄米を加え、ほうじ茶のパッケージに入れて返す。期間はおおむね2週間。

 取締役の田畑満美香さん(43)は「子どものころから『お茶を粗末にしてはいけない』と言われて育ったので、どこで買ったお茶であっても飲まずに捨てられるのは悲しい。おいしく生まれ変わったお茶を味わってもらえたら」と利用を呼び掛けている。

 茶葉は未開封のものに限り、抹茶入りやティーパックは対象外。古さは不問。加工の可否は店側が開封して判断する。

 問い合わせは本店(電話0120・07・2369)へ。

◎写真説明:焙煎してほうじ茶のパッケージに入れる

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【飯田市】JAみなみ信州と飯伊地区労農会議がアフリカ・マリへ送る支援米の合同発送式開く

12月6日火曜日16:06

【飯田市】連合長野飯田地域協議会が定期総会 代表ら約100人出席し団結誓う

12月6日火曜日16:58

【飯田市】遠山郷に伝わる湯立て神楽「遠山の霜月祭り」始まる 今年は18日まで8神社で

12月5日月曜日15:58

【飯田市】リニア長野県内駅の周辺整備事業で市が土木工事の実施設計公表 駅前広場の模型を初公開

12月5日月曜日15:32

【飯田市・下伊那】「知事との県民対話集会」飯伊地域2日間の日程終える

12月3日土曜日14:06

【阿智村】昼神温泉郷で冬の風物詩「御湯」が開幕 利用者の無病息災、地域の安寧願い込め

12月3日土曜日14:31

【飯田市・下伊那】飯伊5市町村で「知事との県民対話集会」 首長や住民らと意見を交わす

12月2日金曜日15:16

【飯田市・下伊那】郷土誌「伊那」の3代目原田主幹が退任 伊那史学会と南信州新聞社が引き継ぎ

12月2日金曜日15:31

【阿南町】和合の念仏踊りと新野の盆踊りなどの「風流踊」がユネスコ無形文化遺産登録へ

12月1日木曜日16:21

【阿南町】阿南第二中を小学校と併設型の小中一貫校に 24年4月までの設置を目指す

12月1日木曜日16:18

【喬木村】キャッチボールクラシックで全国大会出場の喬木少年野球クラブが村長を訪問

11月30日水曜日15:12

【飯田市・下伊那】森林を守り、技術を学ぶ 千代の山林で「森集人」がボランティア作業

11月30日水曜日15:17

【阿智村】村の魅力再認識、阿智☆昼神観光局が村内一斉ライトダウンイベント開く

11月29日火曜日15:02

【飯田市】日本一の焼肉のまちの発信拠点「信州飯田焼肉研究所」がオープン

11月29日火曜日15:48

【飯田市】南信州アルプスフォーラムが勉強会 リニア長野県駅開業に向け、明大・佐々木教授が助言

11月28日月曜日16:44




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022秋冬

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞