【飯田市】保護猫ふれあいハウスかぎしっぽが閉店へ

南信州経済

[ 2021年 9月 16日 木曜日 16時28分 ]

 飯田市銀座の「保護猫ふれあいハウスかぎしっぽ」が、11月末で閉店する。今後は引き取りを行わず、捕獲した野良猫に不妊・去勢手術を施し、元いた場所に戻す「TNR」の活動に注力する計画。代表の高沢幸代さん(55)は「猫飼育の知識や実態を、多くの人に知ってもらう活動に取り組んでいきたい」と話している。

 同店は2016年、同市松尾新井にオープン。高沢代表と店長の古内有子さん(49)、ボランティアスタッフらが運営し、猫の世話に携わってきた。

 18年に現在の店舗へ移転。猫とのふれあいスペースの提供をはじめ、保護した猫の里親募集、飯田下伊那地域を中心にした「TNR」活動に取り組んでいる。入れ替わりはあるが、子猫から高齢の猫まで40匹ほどが暮らしている。

 新型コロナウイルス感染症のまん延による影響は同店にも及び、飲食店に時短や休業要請が出されたことで客足が激減した。現在は、平日を完全予約制とし、土日祝日は午前11時~午後6時の通常営業としているが、「客足は減っても、助けを必要とする猫たちが減る訳ではない」と、古内店長は現状の苦しさを語る。

 閉店の理由について高沢代表は、コロナ禍による収入の減少に加え、「猫の寿命は20年ほど。自分の年齢を考えたときに、これから最期まで世話をするのは難しいと感じた」と説明する。

 今後は、これまで月に2度の予約制で行ってきた「TNR」に力を入れる。学校やイベントでの講演会活動も積極的に展開していく予定。既存の電話番号を引き継ぎ「猫110番かぎしっぽ」として、閉店後も悩みや相談は受け付ける。

 高沢代表は「店を閉めることは本当にさみしいが、募金への協力や物資の支援、皆さんの協力に本当に感謝している」とし、「飯田市の保護猫の実態を知ってほしい。猫も人間も仲良く暮らせるまちを目指したい」と話していた。

 問い合わせは同店(電話0265・24・3820)へ。

◎写真説明:猫とふれあう店長の古内さん

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【大鹿村】大鹿中学校の全校生徒による歌舞伎公演 豊かな表現で観客引き込む

10月3日月曜日15:52

【浜松市】阿南町の和合の念仏踊り保存会が「三遠南信念仏踊り・遠州大念仏競演(仮)」の収録に参加 浜松市の舞台で「庭入り」披露

10月3日月曜日15:53

【飯田市・下伊那】三遠南信道飯喬道路3工区で初のトンネル完成式 早期開通へ思い新たに

10月1日土曜日14:11

【飯田市・下伊那】「身近な相談先知って」オレンジリボンが児童虐待防止啓発でティッシュ配布

10月1日土曜日14:56

【飯田市】公共施設のネット予約システム10月3日から稼働 PC、スマホに対応

9月30日金曜日16:42

【東京都】ニッチローさん監修の焼き肉店が下北沢にオープン

9月30日金曜日16:45

【飯田市】大規模断水の静岡市清水区へ職員と給水車を派遣 副市長と職員が拍手で送り出す

9月29日木曜日15:06

【阿智村】「豊かな自然生かしたい」浪合に移住した母親たちが子育て広場を始める

9月29日木曜日15:48

【リニア中央新幹線】JR東海が「対策土」活用に向け試験施工の方針示す 大鹿村の仮置場で年末にも

9月28日水曜日15:17

【飯田市】久保田さんが古民家活用し書店オープン「本を読む楽しさ感じられる場所に」

9月28日水曜日15:16

【飯田市・下伊那】伊那谷民俗芸能団体連絡協議会が総会 地域文化の継承へ意気を高める

9月27日火曜日15:03

【飯田市】恩がえしIILAが動物愛護週間イベントを開催 「生き物を知って守ろう」

9月27日火曜日15:57

【飯田市】飯田下伊那や上伊那のシードルを集めたマルシェ「南信州シードルコレクション」 試飲しながら生産者と交流

9月26日月曜日15:48

【飯田市】リニア中央新幹線の県内駅周辺整備での移転代替地 決定区画数は75%に

9月26日月曜日15:17

【飯田市・下伊那】安倍元首相の国葬 天龍村が半旗掲揚を予定、豊丘村は検討中

9月24日土曜日14:58




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022秋冬

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞