【飯田市】南信州地域初、市民出資型小水力発電所の安全祈願祭と起工式開く

南信州経済

[ 2022年 1月 26日 水曜日 15時24分 ]

 おひさま進歩エネルギー(菅沼利和社長)と飯田まちづくり電力(原勉社長)が共同設立した野底川市民発電(菅沼利和社長)は26日、南信州地域としては初となる市民出資型小水力発電「野底川小水力発電所」の安全祈願祭と起工式を飯田市上郷黒田の野底山森林公園奥にある建設予定地で開いた。来年初めの稼働開始を目指し、本格的な建設工事が近く始まる。

 一級河川野底川の砂防えん堤に取水設備を設置し、地中を通す全長約1キロの水圧管路で下流の発電所まで水を送って発電する仕組み。既存のえん堤と約80メートルの落差を利用することで、工事を最小限に抑えている。

 年間想定発電量は、一般家庭約700世帯分に相当する2120メガワット時を見込む。

 出資は昨年8月に呼び掛け、地元と全国の166人から1億5000万円が寄せられた。総事業費は約5億円。県の補助金も活用し、地元金融機関の融資も受けている。

 建設予定地周辺では立木の伐採がほぼ終わり、抜根に続いて工事を始める。

 発電所の建屋を設ける野底山森林公園のゲート奥で開いた安全祈願祭と起工式には、社員と上郷まちづくり委員会、上郷野底山財産区、飯田市、施工業者など13人が出席し、工事の安全を祈願した。

 菅沼社長は水力発電を有望視しており、全国的に知られる太陽光発電に続く中山間地域の自然エネルギーとして普及させたい考え。

 足掛け4年がかりで準備を進めてきた菅沼社長は「ようやく工事が始まることになり、身の引き締まる思い。1年後の発電開始まで温かく見守ってもらえたら」とあいさつした。

 市内ではこれまでに、大井井水管理組合とマルヒによる伊賀良井用水マイクロ水力発電所が稼働している。

◎写真説明:神事に臨む菅沼社長

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【飯田市】佐藤市長が信大新学部誘致に言及 リニア中央新幹線開業や三遠南信道絡め利点強調「ふさわしい地」

5月24日火曜日15:26

【飯田市】ムトスぷらざで情報共有や施設利用についての意見交換「ふらっと会議」開く

5月24日火曜日15:18

【飯田市】飯伊小中学生陸上競技大会開く 独自種目「60メートル走」は過去最多に

5月23日月曜日16:15

【飯田市・下伊那】飯田市川路などで天竜川上流総合水防演習 流域全体の水防体制の強化図る

5月23日月曜日16:00

グリムスパンキー ニュース 2022.05.15.

5月21日土曜日17:13

【リニア中央新幹線】JR東海が阿智村清内路公民館で住民説明会開く 危険地区周知せず住民に謝罪

5月21日土曜日14:23

【飯田市】遠山郷の小中学校3校が本年度初の交流会 SDGsを踏まえた地域の未来を考える

5月21日土曜日14:39

【豊丘村】飯伊地域特産品の「竜峡小梅」の出荷始まる 天候に恵まれ良好な出来

5月20日金曜日15:29

【飯田市】本町のトップヒルズに「なみきマーケット」がオープン 新しい魅力加えて生まれ変わる

5月20日金曜日15:51

【飯田市】「丘の上結いスクエア」がグランドオープン 朝から多くの買い物客でにぎわう

5月19日木曜日15:23

【飯田市】ツアー・オブ・ジャパン信州飯田ステージ開く 優勝は「チーム右京」ネイサン・アール

5月19日木曜日15:21

【飯田市】「姫路お城まつり」に向け本町三丁目大名行列保存会が市長表敬

5月18日水曜日16:18

【飯田市・下伊那】南信州広域連合がご当地ナンバーの研究へ 導入に前向きな意見も

5月18日水曜日16:54

【飯田市・下伊那】南信州広域連合と県議 信大新学部誘致へ連携姿勢を強調する

5月17日火曜日15:45

【飯田市】駅前新拠点完成「丘の上結いスクエア」の竣工式開く オープンは19日

5月17日火曜日15:35




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022春夏

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞