【飯田市】南信州観光公社が天竜川流域の外国人向けのモニターツアー開く

南信州経済

[ 2021年 11月 20日 土曜日 14時35分 ]

 南信州観光公社は19日、「天竜川流域観光資源を活用した持続可能なリバーツーリズム創出事業」の一環として、外国人向けのモニターツアーを開いた。通年型のツアーの中でウインター期に当たるもので、参加者は酒蔵の見学や水引を体験し、地域の食や伝統文化に触れた。

 地域が連携して観光資源を磨き上げ、天竜川流域の自然環境に配慮した持続可能なリバーツーリズムを目指す事業。川下りなどのリバーアクティビティーと文化自然体験を組み合わせ、地産地消型滞在パッケージをつくる。

 通年開催を目指しグリーン期とウインター期の2種類を計画。グリーン期は9月にモニターツアーを開き、ツアー商品のトライ販売を始めている。

 今回はウインター期のモニターツアーとして、日帰りの行程で実施し、東・東南アジア出身の在留外国人を中心に7人が参加した。午後は天竜ライン下りに乗り、同日開かれた笛奏者森田梅泉さんとイラスト書道家和全さんによる「天龍峡アート」を舟上から鑑賞。その後、杵原学校(同市竹佐)で飯田の伝統文化「水引」の体験をした。

 このうち、水引体験では関島水引店(同市鼎上山)の関島正浩社長が水引の歴史を説明し、参加者は5つの結び目で五角形の形にする「五画・合格結び」とのし袋に用いる「あわじ結び」に挑戦。悪戦苦闘しながらも完成させ、多彩な水引の色に「可愛い」「日本独特のおしゃれ」などと声を上げていた。

 台湾出身の近藤珠由さんは「楽しくて最高でした」と感激した様子で、「特に外国にないものを実際に自分の手で作って体験できたことが良かった」と話した。

 南信州観光公社は12月にも一泊二日のモニターツアーを開く。公社は「ウインター期は地域の伝統文化を感じられるツアーにし、地域の魅力を発信したい。霜月祭りなどの民俗芸能も取り入れられたら」としている。

◎写真説明:水引体験をする参加者(杵原学校で)

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【飯田市】「丘の上結いスクエア」がグランドオープン 朝から多くの買い物客でにぎわう

5月19日木曜日15:23

【飯田市】ツアー・オブ・ジャパン信州飯田ステージ開く 優勝は「チーム右京」ネイサン・アール

5月19日木曜日15:21

【飯田市】「姫路お城まつり」に向け本町三丁目大名行列保存会が市長表敬

5月18日水曜日16:18

【飯田市・下伊那】南信州広域連合がご当地ナンバーの研究へ 導入に前向きな意見も

5月18日水曜日16:54

【飯田市・下伊那】南信州広域連合と県議 信大新学部誘致へ連携姿勢を強調する

5月17日火曜日15:45

【飯田市】駅前新拠点完成「丘の上結いスクエア」の竣工式開く オープンは19日

5月17日火曜日15:35

【天龍村】天龍小学校で児童が茶摘みと手もみ体験 上手に摘めたと笑顔の場面も

5月16日月曜日15:57

【浜松市】三遠南信道・水窪佐久間道路の中心くい打ち式 最後の未着工区間で事業本格化

5月16日月曜日15:34

【高森町】ウクライナ避難民9人が町営住宅に「引っ越し」 新しい生活の第一歩踏み出す

5月14日土曜日13:17

【飯田市】飯田マツブツがエス・バードにレンタルキッチンスタジオをオープン

5月14日土曜日13:59

【飯田市】下伊那農業高校でVR体験 仮想現実で農業機械の安全利用について学ぶ

5月13日金曜日16:00

【飯田市・下伊那】南信州広域連合が飯田下伊那地域への信州大学新学部設置のメリットについて提案

5月13日金曜日16:03

【売木村】阿南病院が医師不在の診療所を支援 オンライン診療導入へ

5月12日木曜日15:54

【天龍村】天龍中生徒が「商品」意識した梅の収穫作業 梅花駅伝での販売を目指す

5月12日木曜日15:25

【阿南町】阿南町長選で3選を果たした勝野一成町長が初登庁「1次産業の活性化や医療福祉の充実を中心に考える」

5月11日水曜日15:39




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022春夏

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞