【飯田市】時短要請が終わり飲食店の通常営業開始

南信州経済

[ 2021年 9月 10日 金曜日 15時19分 ]

 新型コロナウイルスの急拡大により、酒類を提供する飯田市の飲食店を対象にした県の時短要請が8日に終わり、同日から通常営業が始まった。

 7月15日にオープンしたばかりの「焼肉よしざわ」(大通)は「街が真っ暗なので、少しでも明るくなるように」と、時短期間中も午後5時から3時間の営業を継続。客が来ないため休んだ日もあったが、木曜から日曜までは毎日営業した。

 8日から通常営業に戻ったものの「様子見をする人が多いから、客足が戻るには時間がかかる」とみている。

 9月は職場など、コロナ禍では少ない大きめの予約が入っていたものの、盆ごろからキャンセルが始まり、かなり減ってしまった。同店では「コロナが拡大してから作った店なので、対策は万全。お客さんの気持ちが早く戻ってほしい」と話している。

◎写真説明:開店準備をするよしざわのスタッフ

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞