【飯田市】飯田産マトンを使ったカレーライスを提供「飯田産マトンを知ってほしい」

南信州経済

[ 2021年 11月 11日 木曜日 15時29分 ]

 飯田産のマトン(羊肉)を使ったカレーライスの提供が12日から、飯田市中央通りのカレー専門店「土星トルネード」で始まった。1日限定10食とし、肉がなくなり次第終了する。

 焼き肉で飯田を盛り上げるイベント「焼來肉(やきにく)ロックフェス」の運営に携わっている店主の山田淳さん(43)が「飯田の焼き肉はマトンが特徴という割には、肉は地元産ではない」という他地域出身者の声を聞き「地元産のマトンを少しでも提供できないか」と考えたのが開発のきっかけ。

 「飯田焼肉」を生かした地域振興でつながりのあるマルマン取締役の中田泰雄さん(44)と精肉店を介して、サフォークを飼育する「きくちゃん農園」(北方)の鈴木喜久夫さん(51)と5月に知り合い、思いが合致してメニュー化にこぎつけた。

 メニュー名は「南信州・飯田産サフォークビンダルー」。今回の提供分には1歳半のヒツジを使い、飯田産マトンの柔らかさと味の濃さを楽しんでもらえるよう、できるだけシンプルなスパイスカレーにした。

 試食した鈴木さんは「スパイスと肉が合っていて、ヒツジの味がしっかり出ている」と味に太鼓判。山田さんは「飯田産マトンがあるということをまず知ってほしい」と話している。

 飯田下伊那では1959(昭和34)年に羊毛採取用の綿羊から食肉用への切り替えが推奨され、地元産の羊肉が販売されていたが、昭和30年代後半から輸入が始まった豪州産に押されて以降は飼育が下火になった。

 鈴木さんは遊休農地対策と鳥獣被害対策を兼ねてヒツジを飼うようになり、現在は12頭を飼育している。

 飼育の拡大と安定流通の可能性については「自分一人で飼える頭数には限界がある。仲間を増やして一緒に取り組めば…」との見方を示した。

 南信州・飯田産サフォークビンダルーは、1食税込み2500円。

◎写真説明:飯田産マトン入りのカレーを試食する鈴木さん

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【飯田市】エス・バードで南信州環境メッセが開幕 ゼロカーボン社会実現を目指して

12月4日土曜日14:24

【阿智村】昼神温泉郷で湯屋守様を並べ湯立て神事 温泉利用者の無病息災願う

12月4日土曜日14:30

【豊丘村】自転車活用推進計画策定委が下平村長に答申

12月3日金曜日16:40

【高森町】全日本アームレスリング選手権優勝の宮嶋さんが町長を表敬訪問

12月3日金曜日16:45

【飯田市・お練りまつり】本町三丁目大名行列保存会が役者全体会議を開く

12月2日木曜日15:25

【飯田市・お練りまつり】東野大獅子保存会が獅子頭など3点をシルクホテルに展示 宿泊客に祭りをPR

12月2日木曜日15:37

【飯田市】上村小児童が湯立神楽「霜月祭り」に向け横笛を練習「一生懸命吹いて、練習の成果を出したい」

12月1日水曜日15:13

【飯田市】喜久水酒造が国際シードル品評会で県内で唯一の最高賞を受賞

12月1日水曜日15:57

【阿智村】満蒙開拓平和記念館が来館者20万人を達成 平和の尊さ未来へ伝える拠点に

11月30日火曜日15:33

【飯田市】お練りまつり奉賛会が広告塔を設置 7年に一度の祭りをアピール

11月30日火曜日15:06

【阿南町】国交省天竜川上流河川事務所が地すべり対策事業の着工式開く

11月29日月曜日15:31

【飯田市】飯田焼肉の日に「最も長い鉄板」(焼き肉用)のギネス世界記録挑戦イベント開催【世界一】

11月29日月曜日15:56

【飯田市】商議所青年部がキッチンカーフェスティバル開催 飲食や音楽でにぎわいみせる

11月27日土曜日14:47

【阿智村】飯田国道事務所が除雪出発式を開く 安全な交通確保と作業実施への意識高める

11月27日土曜日14:46

【飯田市】ギネス世界記録に挑戦する世界一長い鉄板製作が佳境 「飯田焼肉の日」の29日に

11月26日金曜日16:45








記事の検索はこちらから




三遠南信biz










南信州企業ナビ

南信州飯田観光ガイド2021

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞