【飯田市・下伊那】市田柿の21年度海外輸出量が過去最大に 欧州も視野に100トン実現を目指す

南信州経済

[ 2022年 6月 29日 水曜日 15時02分 ]

 JAみなみ信州が2016年度から取り組む市田柿の海外輸出で、昨年度の輸出量が過去最大の70トン(前年度比31・1%増)だったことが分かった。東南アジアを中心に中華圏の春節に合わせた輸出で、今後は欧州にも広げる計画。JAは近い将来の100トン実現を目指している。

 輸出国は台湾、香港、シンガポール、マレーシア、タイ、カンボジア、アメリカに、昨年度からベトナムを加えて8カ国。台湾が最大の輸出国で、21年度は全体の約85%を占めた。

 国内での市田柿の市場は年末年始が最需要期で、年が明けると減少して価格低落が起こりやすい。一方、台湾や香港では春節に合わせて1~2月に高級ギフトとしての需要が高まるため、年明け以降に輸出を増やすことで、シーズンを通した安定出荷と販売価格維持を図っている。

 16年度に日本貿易振興機構(ジェトロ)が地域ブランドの海外展開を後押しする「地域団体商標海外展開支援事業」に採択され、機関と連携して海外展開をスタート。2年間の販売促進・海外マーケティング調査を経て18年度には飯田市との協力で「市田柿海外輸出プロジェクト」を立ち上げた。

 1年目の16年度は26トンを台湾、香港、タイの3カ国に輸出。年々輸出国を増やし、輸出量も19年度を除いて前年度を上回り続けている。

 海外でのブランド力強化のため地理的表示(GI)の登録にも注力。現在はシンガポール、マレーシア、ベトナムで登録され、近くタイでも登録される見込み。

 課題は賞味期限の引き延ばしで、包装資材の変更などにも取り組んでいる。営農部果実柿課の羽生弘之課長は「100トンへの拡大が目標。輸出先、販路を広げ、実現させたい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【高森町】まちづくりプラン達成度の評価会議を一般公開 内部と外部2つの視点で分析

8月18日木曜日15:39

【泰阜村】ウクライナ支援「平和の種プロジェクト」で配布されたヒマワリが見ごろ

8月18日木曜日15:10

【天龍村】向方地区の「かけ踊り」が16年ぶりに復活 懐かしい光景に感慨ひとしお

8月17日水曜日15:35

【泰阜村】村長選で再選を果たした横前明氏が初登庁 2期目も子育て支援柱に掲げる

8月17日水曜日15:51

【阿南町】「新野の盆踊り」3年ぶり開催 商店街に盆唄響く

8月15日月曜日13:27

【阿南町】「和合の念仏踊り」始まる 掛け声とともに激しく飛び跳ねる

8月15日月曜日13:36

【飯田市】飯田女子短期大学で防災講座 体験通じて災害時に生きる術を学ぶ

8月13日土曜日13:52

【飯田市】下伊那農業高校畜産部が明大生と移動式鶏小屋を共同開発「地域と鶏、環境に優しい鶏小屋」

8月13日土曜日13:39

【飯田市】カップめん、ガム、アイスクリーム…昭和の懐かしい自動販売機の数々が展示

8月12日金曜日16:14

【阿智村】満蒙開拓平和記念館「鎮魂の夕べ」で犠牲者追悼 明日の平和へ史実語り継ぐ

8月12日金曜日16:03

【飯田市・下伊那】7高校の図書委員が交流会 他校の活動から新たな取り組みのヒントを探る

8月11日木曜日13:14

【リニア中央新幹線】JR東海が「要対策土」公共事業でも管理の意向 積極的に候補地を探す姿勢示す

8月11日木曜日13:37

【高森町】丸山公園平和の丘で「平和をつなぐつどい」 被爆アオギリ「2世」前に平和への思い強める

8月10日水曜日15:31

【飯田市・下伊那】JAみなみ信州が農作物盗難被害防止のパトロール開始 警察署や市町村とも連携

8月10日水曜日15:13

【長野県知事選】阿部氏が4選「県民の思いに寄り添う」 投票率は過去最低の40.94%

8月9日火曜日15:04




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022秋冬

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞