【飯田市・下伊那】特産品「市田柿」の収穫、加工作業が最盛期 風物詩の「柿すだれ」も

南信州経済

[ 2021年 11月 8日 月曜日 15時58分 ]

 飯田下伊那地域の特産品「市田柿」の収穫、加工作業が最盛期を迎え、秋の風物詩「柿すだれ」が地域を彩り始めた。JAみなみ信州によると、今年は着果量が少ない裏年に当たるものの平年並みの量が確保できる見通しで、前年を16%上回る1050トンの出荷を見込んでいる。

 約22アールのほ場で柿を栽培する飯田市上郷黒田の代田敏明さん(71)方では、今月1日から収穫、2日から加工を開始した。今月中旬頃までに収穫や皮むきなどの作業を終え、12月20日過ぎの初出荷に備える。

 2019年は20キロ入りのコンテナで570ケースの生柿を収穫したが、昨年は7月の長雨の影響により生理落果が多く316ケースにとどまった。今年は「成りも玉伸びも良好」と、430ケースほどの収穫を見込む。

 代田さんは「『おいしい市田柿を全国に届けたい』という思いで作業に当たっている。若い世代にも食べていただくことで、歴史ある作物を未来につないでいけたら」と話した。

 JAによると、今年は8月の長雨の影響で皮の表面が黒くなる「条紋」の発生がやや多かったものの、生産者の防除対応により軟化の軽減が図られている。果実肥大は平年の95%前後とやや小玉傾向。収穫期になっても気温の高い日が続いたため、熟度がそろわず収穫に苦慮する生産者がある一方、天候に恵まれ乾燥は順調に進んでいるという。

 収穫、加工の最盛期は今月中旬まで。つるしから約1カ月で出荷が始まり、12月上旬には県内外各地の売り場に市田柿が並ぶ。

◎写真説明:柿をつるす代田さん(飯田市上郷黒田)

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【飯田市】「丘の上結いスクエア」がグランドオープン 朝から多くの買い物客でにぎわう

5月19日木曜日15:23

【飯田市】ツアー・オブ・ジャパン信州飯田ステージ開く 優勝は「チーム右京」ネイサン・アール

5月19日木曜日15:21

【飯田市】「姫路お城まつり」に向け本町三丁目大名行列保存会が市長表敬

5月18日水曜日16:18

【飯田市・下伊那】南信州広域連合がご当地ナンバーの研究へ 導入に前向きな意見も

5月18日水曜日16:54

【飯田市・下伊那】南信州広域連合と県議 信大新学部誘致へ連携姿勢を強調する

5月17日火曜日15:45

【飯田市】駅前新拠点完成「丘の上結いスクエア」の竣工式開く オープンは19日

5月17日火曜日15:35

【天龍村】天龍小学校で児童が茶摘みと手もみ体験 上手に摘めたと笑顔の場面も

5月16日月曜日15:57

【浜松市】三遠南信道・水窪佐久間道路の中心くい打ち式 最後の未着工区間で事業本格化

5月16日月曜日15:34

【高森町】ウクライナ避難民9人が町営住宅に「引っ越し」 新しい生活の第一歩踏み出す

5月14日土曜日13:17

【飯田市】飯田マツブツがエス・バードにレンタルキッチンスタジオをオープン

5月14日土曜日13:59

【飯田市】下伊那農業高校でVR体験 仮想現実で農業機械の安全利用について学ぶ

5月13日金曜日16:00

【飯田市・下伊那】南信州広域連合が飯田下伊那地域への信州大学新学部設置のメリットについて提案

5月13日金曜日16:03

【売木村】阿南病院が医師不在の診療所を支援 オンライン診療導入へ

5月12日木曜日15:54

【天龍村】天龍中生徒が「商品」意識した梅の収穫作業 梅花駅伝での販売を目指す

5月12日木曜日15:25

【阿南町】阿南町長選で3選を果たした勝野一成町長が初登庁「1次産業の活性化や医療福祉の充実を中心に考える」

5月11日水曜日15:39




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022春夏

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞