【飯田市・下伊那】飯田下伊那地域特産の干し柿「市田柿」ベトナムへ向けて初出荷

南信州経済

[ 2021年 12月 24日 金曜日 15時53分 ]

 飯田下伊那地域特産の干し柿「市田柿」の輸出強化に取り組むJAみなみ信州は今季からベトナム向けの出荷を計画し、24日に72キロを初出荷した。台湾、香港、シンガポール、マレーシア、タイ、カンボジア、アメリカに続く海外チャレンジ。今季は各国計75トンの輸出を計画しており、営農部販売課は「近い将来の100トン達成を目指し、勝負していきたい」としている。

 2016年に日本貿易推進機構(ジェトロ)が地域ブランドの海外展開を後押しする「地域団体商標海外展開支援事業」に採択され、機構と連携して海外展開をスタート。東南アジアを中心に中華圏の春節に合わせた輸出を重ね、年々拡大させている。

 ベトナムに向けては、19年にジェトロがホーチミン市で開いた輸出商談会に参加し、関心の高さや干し柿が輸出されていない状況を好機ととらえて販路開拓を開始。乾燥果実として同国で商品登録し、制限のある果実輸出の条件をクリアした。取り扱い期間の短さが課題だったが、60日間だった賞味期限を包装用フィルムの変更などで90日間まで延長して対応。今年6月にはベトナムとの相互申請協力事業で国内2例目となるGI登録を実現させ、下地を固めた。

 この日の72キロを皮切りに輸出を重ね、初年度はホーチミン市の高島屋とファミリーマートでの販売を計画している。販売課で市田柿を担当する伊藤謙三主任は「さまざまな方の力を借りて、やっとスタートを切ることができた。消費ニーズの高いところは海外も含めしっかり挑み、少しでも高く販売できるよう取り組む」と意気込みを語った。

◎写真説明:ベトナムへ向けて初出荷するJA職員ら

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【飯田市・下伊那】飯田下伊那地域でモモの出荷始まる 玉伸び・色づきともに順調で糖度も高め

7月5日火曜日15:09

【泰阜村】任期満了に伴う泰阜村長選まであと1カ月 出馬表明は現職のみ

7月5日火曜日15:18

【飯田市】「アザリー飯田フットボールクラブ」サッカー県リーグ1部で連覇

7月4日月曜日15:50

【飯田市】小林さんと池田さんが「全国ラージボール卓球大会」混合ダブルスで準優勝

7月4日月曜日15:39

【飯田市】飯田高校生徒会がウクライナ避難民との交流会「戦争が起きていることを肌で感じた」

7月2日土曜日13:12

【平谷村】平谷小で「単元内自由進度学習」を初導入 子どもたちが自ら決めて学習を進める

7月2日土曜日13:25

【飯田市・下伊那】南信州日本なし産地再生プロジェクト始動 生産者や農業関係団体、行政機関が一体に

7月1日金曜日15:33

【飯田市】信州大学新学部の設置構想を巡り中村宗一郎学長が検討状況伝える

7月1日金曜日15:19

【松川町】在コスタリカ日本大使が松川町を訪問 東京五輪のホストタウンで感謝の手紙渡す

6月30日木曜日15:39

【飯田市】座光寺の元善光寺で7年に1度の御開帳が閉幕 88日間で20万人以上が参拝

6月30日木曜日15:56

【飯田市・下伊那】市田柿の21年度海外輸出量が過去最大に 欧州も視野に100トン実現を目指す

6月29日水曜日15:02

【飯田市】千代公民館が万古渓谷ツアー開く 小学生親子で参加、地域の自然を満喫

6月29日水曜日15:17

【飯田市】風越高校吹奏楽部の定期演奏会で初めて2中学吹奏楽部と共演 総勢86人による迫力の演奏

6月28日火曜日15:41

【泰阜村】泰阜小1年生がハッチョウトンボの観察 日本最小体長15ミリのトンボ

6月28日火曜日15:39

【阿智村】伍和の運動公園周辺整備で住民向け説明会開く A、B2エリアの基本設計を発表

6月27日月曜日15:48




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022春夏

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞