【飯田市・南信濃】道の駅遠山郷に「肉の自動販売機」が登場 羊肉や鹿肉など5種類販売

南信州経済

[ 2021年 9月 30日 木曜日 15時13分 ]

 飯田市南信濃の食肉製造販売「肉のスズキヤ」(鈴木理社長)は9月29日、道の駅遠山郷内の観光案内所「アンバマイ館」に、羊肉や鹿肉など5種類の冷凍肉を扱う自動販売機を設置した。鈴木社長(60)は「肉の販売機は飯田市内で初めて。自販機メーカーからは全国的にも珍しいと聞いている」と話し、「新たな販路になるとともに、地域に人を呼び込むきっかけの一つになれば」と期待を寄せる。

 昨年からの新型コロナウイルス禍に「何もしなければ、売上は30~40%落ち込む」と危惧した同社は、新商品の開発やインターネット販売の拡充などに注力。ネット販売が堅調に推移したことで、昨年の売上減は10~15%にとどまった。

 自販機は、コロナ禍に対応した非接触式の新たな販売方法として検討。「もの珍しさが話題となり、地域が活気付けば」と設置を決めた。

 アイスクリーム用の自販機を改造し、導入費用は約150万円。4月に発注したがコロナ禍に自販機の需要も高まっており、納品待ちの状態が続いていたという。当初は8月29日の「焼き肉の日」に合わせた設置を計画していたが、コロナの感染警戒レベルが上がり観光案内所が休館となったため延期。「苦肉の策」の語呂合わせで9月29日を新たな稼働日に選んだ。

 自販機では、同社の定番商品味付け肉の「遠山ジンギス」をはじめ、昨年12月から販売を開始し、今年7月には特約店となって仕入れるアイスランド産ラムの味付け肉などを購入できる。売れ行きを見ながら商品の入れ替えも行う。

 鈴木社長は「新たな販路の開拓という面もあるが、道の駅の活性化に向け、人の関心を呼ぶための具体的な行動を取りたかった。少しでも地域の活気につながれば」と話した。

◎写真説明:アンバマイ館内に設置した肉の自動販売機

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【飯田市】「丘の上結いスクエア」がグランドオープン 朝から多くの買い物客でにぎわう

5月19日木曜日15:23

【飯田市】ツアー・オブ・ジャパン信州飯田ステージ開く 優勝は「チーム右京」ネイサン・アール

5月19日木曜日15:21

【飯田市】「姫路お城まつり」に向け本町三丁目大名行列保存会が市長表敬

5月18日水曜日16:18

【飯田市・下伊那】南信州広域連合がご当地ナンバーの研究へ 導入に前向きな意見も

5月18日水曜日16:54

【飯田市・下伊那】南信州広域連合と県議 信大新学部誘致へ連携姿勢を強調する

5月17日火曜日15:45

【飯田市】駅前新拠点完成「丘の上結いスクエア」の竣工式開く オープンは19日

5月17日火曜日15:35

【天龍村】天龍小学校で児童が茶摘みと手もみ体験 上手に摘めたと笑顔の場面も

5月16日月曜日15:57

【浜松市】三遠南信道・水窪佐久間道路の中心くい打ち式 最後の未着工区間で事業本格化

5月16日月曜日15:34

【高森町】ウクライナ避難民9人が町営住宅に「引っ越し」 新しい生活の第一歩踏み出す

5月14日土曜日13:17

【飯田市】飯田マツブツがエス・バードにレンタルキッチンスタジオをオープン

5月14日土曜日13:59

【飯田市】下伊那農業高校でVR体験 仮想現実で農業機械の安全利用について学ぶ

5月13日金曜日16:00

【飯田市・下伊那】南信州広域連合が飯田下伊那地域への信州大学新学部設置のメリットについて提案

5月13日金曜日16:03

【売木村】阿南病院が医師不在の診療所を支援 オンライン診療導入へ

5月12日木曜日15:54

【天龍村】天龍中生徒が「商品」意識した梅の収穫作業 梅花駅伝での販売を目指す

5月12日木曜日15:25

【阿南町】阿南町長選で3選を果たした勝野一成町長が初登庁「1次産業の活性化や医療福祉の充実を中心に考える」

5月11日水曜日15:39




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022春夏

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞