【高森町】廃棄処分の柿の皮を有効活用 松本大学・民間企業・高森町が連携し「市田柿皮ピューレ」開発

南信州経済

[ 2022年 8月 6日 土曜日 13時21分 ]

 飯田下伊那地域の特産品「市田柿」の生産過程で生じ、多くが廃棄処分されている柿の皮を有効活用しようと、松本大学と県内の民間企業、高森町が連携し、新たな食品素材「市田柿皮ピューレ」を開発した。6日から同町の日帰り温泉施設「御大の館」で、ピューレをかけたソフトクリームの販売を開始。お盆過ぎをめどに、中央道駒ケ岳サービスエリア、小黒川パーキングエリアなどでの販売も予定している。

 開発の中心を担った松本大学人間健康学部の矢内和博准教授(50)によると、柿の皮をすりつぶしてこした後、液糖を加えて製造。柿の渋みを抜きながら、風味を残すことに注力したという。

 矢内准教授は、年間約2300トン出荷される市田柿に対し、廃棄される実や皮の量は約1000トンと指摘。「皮には多くの実が付いており、約1000トンの皮が廃棄された場合、その糖質を砂糖に換算すると、約130トン、価格で約2000万円分に相当する。活用を進める価値は大きい」と力を込める。

 今後、原材料となる柿の皮を調達する仕組みの構築や、関連商品の開発・販売、取扱事業者の拡充などを進める計画で、「新たな商品群を通じて市田柿の魅力を高め、後継者の確保など生産振興に寄与できれば」と話した。

◎写真説明:ソフトクリームにペーストをかけて販売

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【高森町】まちづくりプラン達成度の評価会議を一般公開 内部と外部2つの視点で分析

8月18日木曜日15:39

【泰阜村】ウクライナ支援「平和の種プロジェクト」で配布されたヒマワリが見ごろ

8月18日木曜日15:10

【天龍村】向方地区の「かけ踊り」が16年ぶりに復活 懐かしい光景に感慨ひとしお

8月17日水曜日15:35

【泰阜村】村長選で再選を果たした横前明氏が初登庁 2期目も子育て支援柱に掲げる

8月17日水曜日15:51

【阿南町】「新野の盆踊り」3年ぶり開催 商店街に盆唄響く

8月15日月曜日13:27

【阿南町】「和合の念仏踊り」始まる 掛け声とともに激しく飛び跳ねる

8月15日月曜日13:36

【飯田市】飯田女子短期大学で防災講座 体験通じて災害時に生きる術を学ぶ

8月13日土曜日13:52

【飯田市】下伊那農業高校畜産部が明大生と移動式鶏小屋を共同開発「地域と鶏、環境に優しい鶏小屋」

8月13日土曜日13:39

【飯田市】カップめん、ガム、アイスクリーム…昭和の懐かしい自動販売機の数々が展示

8月12日金曜日16:14

【阿智村】満蒙開拓平和記念館「鎮魂の夕べ」で犠牲者追悼 明日の平和へ史実語り継ぐ

8月12日金曜日16:03

【飯田市・下伊那】7高校の図書委員が交流会 他校の活動から新たな取り組みのヒントを探る

8月11日木曜日13:14

【リニア中央新幹線】JR東海が「要対策土」公共事業でも管理の意向 積極的に候補地を探す姿勢示す

8月11日木曜日13:37

【高森町】丸山公園平和の丘で「平和をつなぐつどい」 被爆アオギリ「2世」前に平和への思い強める

8月10日水曜日15:31

【飯田市・下伊那】JAみなみ信州が農作物盗難被害防止のパトロール開始 警察署や市町村とも連携

8月10日水曜日15:13

【長野県知事選】阿部氏が4選「県民の思いに寄り添う」 投票率は過去最低の40.94%

8月9日火曜日15:04




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022秋冬

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞