ていざなすの出荷始まる

南信州経済

[ 2020年 7月 3日 金曜日 15時31分 ]

 天龍村の特産品で、信州の伝統野菜に認定されている大型のなす「ていざなす」の出荷が4日から始まった。生育が遅れた昨年に比べると約1カ月早いスタートだが、ほぼ例年並み。10月末ごろまでに約2万本の出荷を見込む。

 出荷を前に、村ていざなす生産者組合(野竹正孝組合長、組合員数18人)は3日、共同出荷の規格統一を図った。重量は450~650グラム、外観は外皮の色が鮮明で光沢がある、形状は曲がりが20ミリ以内など、この日に実際に収穫したナスを手にとりながら確認。ブランドと品質の維持へ、認識を共有した。

 JAをはじめ蓼科の青果市場や豊洲市場、地元直売所などに出荷し、約7割が県内向け。昨年は長雨による日照不足などの影響で収穫期が遅れた他、出荷量も減少したが、近年は栽培面積約30アール、出荷量約2万本で安定して推移する。

 野竹組合長(78)は「5月中旬の定植からここまで、順調に生育してきた。色付きも良い。毎年好評をいただいており、今年も自信を持ってお届けしたい」と意気込む。

 一方で、「市場で高い評価をいただき需要もあるが、生産者の高齢化が進んでおり、担い手の育成が課題」と話した。

 同組合によると、ていざなすは米なす系の大型なすで、多きものは長さ30センチ、重さ1キロにもなる。果肉がやわらかく甘みが強いのが特長。1887(明治20)年ごろ、神原村(現天龍村神原地区)に住んでいた田井澤久吉さんが東京の種苗店から種子を取り寄せ栽培を開始した。

 当初は田井澤さんの名前にちなんで「たいざわなす」と命名されたが、次第に親しみを込め「ていざなす」と呼ばれるようになったという。

◎写真説明:出荷規格を確認する組合員ら

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【大鹿村】文化財防火デーに合わせ消防署員が立ち入り検査「も改めて防災意識を持ってほしい」

1月27日木曜日15:41

【喬木村】村長選3選を果たした市瀬直史氏が初登庁「次世代への土台をつくる4年間に」

1月27日木曜日15:14

【喬木村】氏乗の禍誤除けの滝の氷結進む 落差約30メートルの氷瀑

1月26日水曜日15:31

【飯田市】南信州地域初、市民出資型小水力発電所の安全祈願祭と起工式開く

1月26日水曜日15:24

【阿智村】村長選が告示され24年ぶりの選挙戦へ 現新2人の「一騎打ち」

1月25日火曜日15:45

【売木村】売木小学校児童が「田んぼリンク」でスケート楽しむ「まだまだ滑りたい!」

1月25日火曜日15:19

【飯田市】東野大獅子保存会がお練りまつりに向け準備 獅子舞の屋台部分などに使う竹の加工作業

1月24日月曜日16:10

【平谷村】ほっとパークひらや郷でアイスキャンドル 親子連れらが幻想的な明かり楽しむ

1月24日月曜日16:34

グリムスパンキー ニュース 2022.01.23.

1月23日日曜日17:41

【飯田市・下伊那】各地の最低気温が今冬最低を観測 高森町牛牧の不動滝は全面結氷に

1月22日土曜日13:31

【阿智村】任期満了に伴う阿智村長選25日に告示へ 24年ぶりの選挙戦

1月22日土曜日13:41

【飯田市】新型コロナウイルスワクチンの3回目接種 65歳以上の高齢者対象に来月開始へ

1月21日金曜日15:41

【天龍村】神原地区で早咲きの梅「冬至梅」ほころぶ 気温上がらず例年より遅く

1月21日金曜日15:54

【飯田市・下伊那】冬場に多発 広域消防がヒートショックの注意呼び掛け

1月20日木曜日15:59

【飯田市】リニア中央新幹線の建設工事 下久堅で残土の盛り土造成準備工事進む

1月20日木曜日15:07




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




三遠南信biz

南信州企業ナビ

南信州飯田観光ガイド2021

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞