マツタケ入荷始まる 「平年作以上に期待」の声も

南信州経済

[ 2013年 9月 25日 水曜日 13時40分 ]

 飯田下伊那のマツタケの産地でマツタケが出始め、豊丘村役場に隣接する飯伊森林組合北部支所への入荷も始まった。同支所によると、例年に比べ1週間から10日程遅い。主に飯田市内や中京方面に向けて出荷され、入荷状況を見ながら販売も始める。

 24日は豊丘を中心に近隣町村の10農家から持ち込まれ、職員が重さを量るなど対応していた。計約4キロで、大きいもので長さ15センチから20センチ程。上質のものはまだ少ない。入荷のピークは来月10日ごろになりそうだ。

 マツタケはアカマツの根元に菌の集まった「シロ」を作り、涼しくなると菌が活発になり、発生する。

 朝夕の気温が20度以下であることがマツタケに適した生育条件。同支所によると、ことしは9月の残暑に加え、雨の量が少ない。地温が下がったことで出始めたものの菌が活発化した後で再び気温が上がると、菌が死ぬこともある。金原史人支所長は「まだ予想がつかないが、雨が降って日中の気温が下がり、地温がぶり返さなければある程度期待できるのでは」とみている。

 昨年は2009(平成21)年以来の不作の年になり、この日、同支所に持ち込んだ豊丘の男性は「ことしは豊作まではいかなくても、平年作以上に期待したい」と話した。

 豊丘村堀越区の住民がマツタケ料理を提供する「堀越まつたけ観光」は近く、営業開始日を決める。運営委員長の武田勝さんは「ぽつぽつ出始めたようだ。まだまだ日中の気温が高く心配もあるけど期待はしている」と語った。

 喬木村大島区のマツタケ観光園「大島山の家」は来月2日から営業を開始する予定。組合長の内山重金さんは「昨年に比べると生育は良く、例年並みに受け入れられるのでは」と、こちらも期待を込めた。

 松川町生田のアルプスの郷梅松苑は、25日から地元の生田産マツタケ料理の提供を始める。いまのところ入荷が安定しているといい「ことしは生田産のマツタケを多くの人に味わってもらいたい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【飯田市】「ランタン&シードルジャンボリー」天龍峡の夜空にスカイランタンが舞う

10月26日火曜日15:24

【喬木村】喬木村で村政懇談会始まる 来月29日まで

10月26日火曜日15:36

【飯田市】南信州龍江アウトドアフェス開催 天龍峡マルシェとともに盛況

10月25日月曜日15:24

【大鹿村】JR東海・リニア中央新幹線建設工事の残土搬出を開始

10月25日月曜日15:26

【長野5区】衆院選・初の週末 両候補が精力的に各地を遊説 支持拡大へ激しい論戦

10月25日月曜日15:51

グリムスパンキーニュース 2021.10.17.

10月24日日曜日18:07

【飯田市】3店が共同開発した冷凍折り詰めの全国販売開始「伊那谷の良さを伝えられたら」

10月23日土曜日13:13

【喬木村】曙月庵で阿島傘の展示始まる 茶室を彩る和傘ずらり ライトアップも

10月23日土曜日13:40

【飯田市・下伊那】三遠南信自動車道「飯喬道路第3工区」で初のトンネル掘削工事開始

10月22日金曜日16:20

【飯田市】松尾小4年2組がシトラスリボン作成「コロナ差別をなくそう」

10月22日金曜日15:11

【リニア中央新幹線】JR東海が安全対策をリニア対策委員会で報告 月内は試験走行期間

10月21日木曜日15:53

【飯田市】橋北まちづくり委が春草通りに案内図設置 菱田春草生誕地ほか歴史的建造物の位置を明示

10月21日木曜日15:22

【北部3町村】竜神大橋の建設期成同盟会が総会開く 早期完成を強く要望

10月20日水曜日16:43

【リニア中央新幹線】飯田市が座光寺の共和地区を巡り工事説明会 代替地は来月着工

10月20日水曜日15:51

【飯田市・下伊那】衆院選が公示、5区は与野党一騎打ち 12日間の短期決戦スタート

10月19日火曜日15:51








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞