三笠エンジニアリングが新機械完成

南信州経済

[ 2013年 12月 12日 木曜日 9時48分 ]

 飯田市北方の精密機器製造、「三笠エンジニアリング」(伊本政芳社長)が昨年6月から開発を進めてきた、きのこ(エノキタケ)の栽培に使う菌種を液体で接種する機械が10月末に完成し、今月から受注が始まった。現在、きのこ栽培農家は繁忙期を迎えているため、本格的な商談は4月から5月になる見込みという。

 飯田下伊那地域の各種製造関連業者が連携し、共同開発・受注に取り組む、「ネスク・イイダ」(南信州・飯田産業センター内)やJAなどとの「農商工連携」として進められた、同機械の開発プロジェクト。ネスク・イイダの久保田優典オーガナイザーによると、従来の液体種菌接種機は、大規模農家向けの海外製大型製品しかなく、中小農家向けに、小型化やコストダウンを図った製品の開発は初という。

 同機械は、生産ライン上でパレットなどで運ばれてくる培養瓶のフタを外し、中のおが粉(培地)に液体状の種菌を噴霧しフタを閉じる一連の工程を、素早く的確に行えるのが特長。また、従来の一般的な固体菌種の接種方法と比べ、培養に使うおが粉の廃棄量が削減されるほか、栽培にかかる運搬費や光熱費などの低減効果も見込める。

 ことし4月に試作機が完成した後、同市竹佐のJAみなみ信州きのこ種菌センターで試験運用を開始。完成機は、この試験結果などを踏まえ、約50キロの重量削減や使い勝手の向上、さらなるコスト削減などを実現させた。販売窓口はJAが担当し、価格は400万円程度になるという。

 11月に長野市で開かれた「きのこ祭り」の会場に展示したところ、多くの生産者が関心を示すなど、引き合いの強い同機械。久保田オーガナイザーは「本年度は数台の販売を目標とし、まずは使用した生産者の声を集めたい。そうした声を参考にしながら、今後は、他のきのこへの応用を含め、使いやすさを追求していきたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

グリムスパンキーニュース 2021.10.17.

10月24日日曜日18:07

【飯田市】3店が共同開発した冷凍折り詰めの全国販売開始「伊那谷の良さを伝えられたら」

10月23日土曜日13:13

【喬木村】曙月庵で阿島傘の展示始まる 茶室を彩る和傘ずらり ライトアップも

10月23日土曜日13:40

【飯田市・下伊那】三遠南信自動車道「飯喬道路第3工区」で初のトンネル掘削工事開始

10月22日金曜日16:20

【飯田市】松尾小4年2組がシトラスリボン作成「コロナ差別をなくそう」

10月22日金曜日15:11

【リニア中央新幹線】JR東海が安全対策をリニア対策委員会で報告 月内は試験走行期間

10月21日木曜日15:53

【飯田市】橋北まちづくり委が春草通りに案内図設置 菱田春草生誕地ほか歴史的建造物の位置を明示

10月21日木曜日15:22

【北部3町村】竜神大橋の建設期成同盟会が総会開く 早期完成を強く要望

10月20日水曜日16:43

【リニア中央新幹線】飯田市が座光寺の共和地区を巡り工事説明会 代替地は来月着工

10月20日水曜日15:51

【飯田市・下伊那】衆院選が公示、5区は与野党一騎打ち 12日間の短期決戦スタート

10月19日火曜日15:51

【飯田市】長編映画撮影の無償ボランティア募集

10月19日火曜日15:12

【大鹿村】大鹿歌舞伎秋季公演をライブ配信 静かな会場でこん身の演技

10月18日月曜日15:19

【飯田市・下伊那】南信州獅子舞フェスティバルが2年ぶり開催 14団体が勇壮に伝統舞

10月18日月曜日15:41

【飯田市】飯田風越高校で創立120周年記念式典開く

10月16日土曜日14:05

【高森町】高森中3年生が園児に自作の紙芝居を読み聞かせ「すごく喜んでくれた」

10月16日土曜日14:24








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞