卵屋さんと醸造場合作のしょうゆ初絞り

南信州経済

[ 2017年 11月 2日 木曜日 15時22分 ]

003tamagoya

 下條村親田で平飼養鶏や農業を営む絹田皓士(32)さんと、480年の歴史を持つ飯田市今宮町の醸造場「松岡屋醸造場」が合作した天然醸造しょうゆ「畑の雫」の初絞りが10月31日、飯田市今宮町の同醸造場で行われた。

 絹田さんは京都府亀岡市出身で2011年に阿智村に移住後、13年に下條村に移転。養鶏や鶏ふんを利用した循環農法で農業を行っている。

 「伝統ある丁寧なものづくりを見直し、地域の特産物を生み出したい」(絹田さん)という思いから、飼料としてしょうゆの絞りかすを購入するなど親交のあった同醸造場に、合作でのしょうゆ造りを提案した。

 1回分の仕込みに必要な大豆約660キロと小麦600キロを3年掛けて貯蔵し、昨年の4月に仕込みを始めた。

 しょうゆは「卵かけご飯に合うものを」と塩分濃度を下げ、甘めの味に。無農薬無添加にこだわり、伝統ある丁寧な作業で醸造した。

 この日は醸造場社長の木下拓さん(58)がしょうゆの素である「もろみ」を入れた袋を重ね、しょうゆを絞った。絹田さんは早速絞りたてのしょうゆを卵かけご飯に垂らして試食。「卵の旨みをしょうゆがさらに引き出してくれている。5年掛りの取り組みが形になりうれしい」と笑顔を浮かべ、木下さんも「大豆の甘さがしっかりと出ている」と満足げに話した。

 「畑の雫」は、今月中旬ころから同醸造場など飯田下伊那地域で販売を予定。来年度からは下條村のふるさと納税の返礼品としても使われる。来年以降は県内で無農薬で大豆や小麦を生産する農家20軒ほどとともに醸造を行う予定で、木下さんは「消費者のニーズに合わせ、隔年で仕込んでいけたら」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【飯田市】東野大獅子保存会がお練りまつりに向け準備 獅子舞の屋台部分などに使う竹の加工作業

1月24日月曜日16:10

【平谷村】ほっとパークひらや郷でアイスキャンドル 親子連れらが幻想的な明かり楽しむ

1月24日月曜日16:34

グリムスパンキー ニュース 2022.01.23.

1月23日日曜日17:41

【飯田市・下伊那】各地の最低気温が今冬最低を観測 高森町牛牧の不動滝は全面結氷に

1月22日土曜日13:31

【阿智村】任期満了に伴う阿智村長選25日に告示へ 24年ぶりの選挙戦

1月22日土曜日13:41

【飯田市】新型コロナウイルスワクチンの3回目接種 65歳以上の高齢者対象に来月開始へ

1月21日金曜日15:41

【天龍村】神原地区で早咲きの梅「冬至梅」ほころぶ 気温上がらず例年より遅く

1月21日金曜日15:54

【飯田市・下伊那】冬場に多発 広域消防がヒートショックの注意呼び掛け

1月20日木曜日15:59

【飯田市】リニア中央新幹線の建設工事 下久堅で残土の盛り土造成準備工事進む

1月20日木曜日15:07

【喬木村】喬木村議再選挙18日告示 新人の松村光洋氏が初当選

1月19日水曜日15:43

【喬木村】任期満了に伴う喬木村長選が18日告示 市瀬直史氏が無投票3選決める

1月19日水曜日15:35

【大鹿村】リニア中央新幹線・南アルプストンネル長野工区先進坑 残土や資機材を運搬する工事用車両の通行始まる

1月18日火曜日15:01

【喬木村】任期満了に伴う喬木村長選が18日告示 市瀬直史氏が届け出と出陣式

1月18日火曜日15:47

【飯田市】市街地飲食店の新型コロナウイルスによる影響「今が一番苦しい」

1月17日月曜日15:30

【高森町】町発祥の市田柿を学校給食に提供「おいしく食べて、親しんで」

1月17日月曜日15:13




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




三遠南信biz

南信州企業ナビ

南信州飯田観光ガイド2021

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞