喜久水酒造がシードル3種類の販売開始

南信州経済

[ 2019年 12月 18日 水曜日 15時35分 ]

 飯田市鼎切石の「喜久水酒造」(加藤昇社長)は16日、地元産の高品質のリンゴを使用し、シャンパンと同じ製法(シャンパーニュ方式)で造ったシードル3種類の販売を始めた。今夏の国内品評会の入賞作で「気品ある味わい」が楽しめるという。1本750ミリリットルで2700円(税抜)。計350本限定で同社隣の直営店などで扱う。

 同社によると、一般的な製法は瓶内の2次発酵過程で「澱(おり)」が残るが、これを除去。工程は2次発酵後▽瓶口を斜め下にして器具に差し込み、約50日かけて手作業で少しずつ回転▽たまった澱を凍結後、開栓して飛ばす▽減った分を継ぎ足す―。

 商品名は「シードルN35テロワール」。継ぎ足すシードルが同じ「ブリュト・ナチュール」、ほのかな甘みの「セック」、やや甘口の「ドゥミ・セック」の3タイプで、8月の国内品評会「フジ・シードルチャレンジ」でドゥミ・セックが金賞、ブリュト・ナチュールが銅賞を得た。

 原料は飯伊農家7軒が手掛けた紅玉、王林、ふじ計620キロ。昨秋の収穫後に完熟の良いものを仕込んだ。同社は「優れた素材を最大限に生かし、高品質のシードルにするには、手間暇を惜しまない醸造技術が必要」として、シャンパーニュ方式の設備もそろえた。

 同社のシードルは用途や価格帯に応じた計8種類となる。後藤高一取締役商品本部長は「高付加価値化を通じて、加工用リンゴの需要促進や価格の安定なども期待できる。農家支援やシードル産業全体の振興につなげたい」としている。

 新商品は「奥深い味わいと、きめ細かな泡、クリアな酒質が特長」で「クリスマスや贈答など特別な日や特別な人への1本としてもご活用いただければ」と期待している。

 問い合わせは喜久水酒造(電話0265・22・2300)へ。

◎写真説明:喜久水酒造の新シードル

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【飯田市】JAみなみ信州が総代会開く 事業利益は管理費圧縮で2年連続増額

5月26日木曜日16:37

【高森町】高森中学校で「しごと・未来フェア」 将来の働く自分の姿を思い描く

5月26日木曜日15:18

【飯田市】飯田市と信大誘致推進協が市役所前に横断幕 新学部誘致に向け機運盛り上げ

5月25日水曜日16:14

【飯田市】「風越山を愛する会」が恒例の新緑整備登山 柵作りや休憩所の清掃

5月25日水曜日16:38

【飯田市】佐藤市長が信大新学部誘致に言及 リニア中央新幹線開業や三遠南信道絡め利点強調「ふさわしい地」

5月24日火曜日15:26

【飯田市】ムトスぷらざで情報共有や施設利用についての意見交換「ふらっと会議」開く

5月24日火曜日15:18

【飯田市】飯伊小中学生陸上競技大会開く 独自種目「60メートル走」は過去最多に

5月23日月曜日16:15

【飯田市・下伊那】飯田市川路などで天竜川上流総合水防演習 流域全体の水防体制の強化図る

5月23日月曜日16:00

グリムスパンキー ニュース 2022.05.15.

5月21日土曜日17:13

【リニア中央新幹線】JR東海が阿智村清内路公民館で住民説明会開く 危険地区周知せず住民に謝罪

5月21日土曜日14:23

【飯田市】遠山郷の小中学校3校が本年度初の交流会 SDGsを踏まえた地域の未来を考える

5月21日土曜日14:39

【豊丘村】飯伊地域特産品の「竜峡小梅」の出荷始まる 天候に恵まれ良好な出来

5月20日金曜日15:29

【飯田市】本町のトップヒルズに「なみきマーケット」がオープン 新しい魅力加えて生まれ変わる

5月20日金曜日15:51

【飯田市】「丘の上結いスクエア」がグランドオープン 朝から多くの買い物客でにぎわう

5月19日木曜日15:23

【飯田市】ツアー・オブ・ジャパン信州飯田ステージ開く 優勝は「チーム右京」ネイサン・アール

5月19日木曜日15:21




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022春夏

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞