喬木で栗焼酎を発売

南信州経済

[ 2011年 11月 26日 土曜日 9時12分 ]

 喬木村氏乗の住民でつくるアグリパーク雨沢(萩原順治組合長)と氏乗区(萩原勲区長)は24日、地元産のクリを原料にした焼酎「氏乗」が完成し販売を始めたと発表した。発売を記念した発表会が集落センターで開かれ、試飲した関係者は奥深い味わいに期待を膨らませた。

 コンニャクやブルーベリーの生産で知られる氏乗だが、新たな特産品として4年前から試作。昨年収穫した約150キロのクリを村の支援金で購入した業務用の冷蔵庫でしっかり寝かせた後、飯田市の酒造会社「喜久水」に持ち込み286本になった。

 栗焼酎を企画したアグリパーク雨沢によると、味はまろやかで、ほのかだがクリ独特の甘い香りも楽しめる。萩原組合長は「みんなの熱い思いが込められ、本当においしいものになった。価値観のある焼酎が出来上がった」と自信の表情だ。

 栗焼酎の名称とラベルは公募作品を参考にするなどして決めた。

 アグリパーク雨沢では、クリの早生から晩生まで3種類約180本を栽培する。2006(平成18)年からクリ狩りとして観光客を受け入れてきたが、区の活性化を狙い07年からクリの新たな活用策を模索。「ありきたりのお茶菓子では特徴を生かすことができない」とし、焼酎に注目した。

 県工業技術総合センター(長野市)に相談したり、上高井郡小布施町や九州産を飲み比べるなど試行錯誤。飲みやすくてクリの風味を楽しめる焼酎を目指した。保存したクリの大半が腐るといった失敗もあったが、試飲用として09年に3本、10年に160本を造ることができた。

 ことしはクリを300キロ近く収穫でき、来年は600本の栗焼酎が造れそうだという。

 栗焼酎は1本2900円(720ミリリットル入り)で、区内の農産物直売所「田舎道」で販売している。アルコール度数は29度。問い合わせは田舎道(電話0265・33・4553)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【飯田市・下伊那】三遠南信自動車道「飯喬道路第3工区」で初のトンネル掘削工事開始

10月22日金曜日16:20

【飯田市】松尾小4年2組がシトラスリボン作成「コロナ差別をなくそう」

10月22日金曜日15:11

【リニア中央新幹線】JR東海が安全対策をリニア対策委員会で報告 月内は試験走行期間

10月21日木曜日15:53

【飯田市】橋北まちづくり委が春草通りに案内図設置 菱田春草生誕地ほか歴史的建造物の位置を明示

10月21日木曜日15:22

【北部3町村】竜神大橋の建設期成同盟会が総会開く 早期完成を強く要望

10月20日水曜日16:43

【リニア中央新幹線】飯田市が座光寺の共和地区を巡り工事説明会 代替地は来月着工

10月20日水曜日15:51

【飯田市・下伊那】衆院選が公示、5区は与野党一騎打ち 12日間の短期決戦スタート

10月19日火曜日15:51

【飯田市】長編映画撮影の無償ボランティア募集

10月19日火曜日15:12

【大鹿村】大鹿歌舞伎秋季公演をライブ配信 静かな会場でこん身の演技

10月18日月曜日15:19

【飯田市・下伊那】南信州獅子舞フェスティバルが2年ぶり開催 14団体が勇壮に伝統舞

10月18日月曜日15:41

【飯田市】飯田風越高校で創立120周年記念式典開く

10月16日土曜日14:05

【高森町】高森中3年生が園児に自作の紙芝居を読み聞かせ「すごく喜んでくれた」

10月16日土曜日14:24

【天龍村】国道418号神原トンネル現場見学会に児童らが参加「勉強になった」

10月15日金曜日16:27

【大鹿村】大鹿歌舞伎題材のご当地ポスト「大鹿カブシャンポスト」が道の駅に設置

10月15日金曜日15:04

【長野5区】衆議院解散で総選挙に突入 19日公示、31日投開票

10月14日木曜日15:27








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞