大型のていざなす 生育順調

南信州経済

[ 2021年 7月 9日 金曜日 15時39分 ]

 天龍村の特産品で、信州の伝統野菜に認定されている大型ナス「ていざなす」の出荷が1日から始まっている。本格化を前に村ていざなす生産者組合(野竹正孝組合長、組合員数18人)は8日、大きさや色、傷の有無など、等級選別の規格を確認する「目揃会」を開き、ブランド化と品質の維持に向けて認識を共有した。

 5月初旬の定植後から晴れの日が続き、梅雨入りが遅かったことなどもあって生育は順調。例年よりも10日ほど早く進んでいる。一方で梅雨入り後は晴れ間が少なく、この時期に開花したものについては生育に不安が残るとし、早期の天候回復を願った。

 この日は、朝に収穫したナスを組合員が持ち寄り、規格を確認。通常の流通品に当たる「A品」は重量が450~650グラムで、外観は外皮の色が鮮明で光沢があり、全体に柔らかく空洞のない物などとした。

 JAをはじめ蓼科の青果市場や豊洲市場、地元直売所などに出荷し、約7割が県内向け。11月中旬までに約2万本の出荷を目指す。

 近年は豊洲市場への出荷量が増え、新たに東京の商社から引き合いがあるなど、徐々に認知度が高まっている。野竹組合長(79)は「市場の評価も高く需要も増えてるが、生産者の高齢化など担い手不足が課題。若者が栽培したいと思えるよう、しっかり売っていきたい」と話した。

 ていざなすは米ナス系の大型ナスで、大きいものは長さ30センチ、重さ1キロになる。果肉がやわらかく甘みが強いのが特長。

 同組合によると、1887(明治20)年ごろ、旧神原村(現天龍村神原地区)の田井澤久吉さんが東京の種苗店から種子を取り寄せて栽培を始めた。当初は田井澤さんの名前にちなんで「たいざわなす」と命名されたが、次第に親しみを込め「ていざなす」と呼ばれるようになったという。

◎写真説明:出荷規格を確認する組合員ら

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【売木村】売木村の貴重な銘木を使った高級木製ボールペン 「CF信州」で限定50本販売

7月7日木曜日15:22

【阿智村】阿智村議会がリニア人事案巡り関連予算案を否決

7月7日木曜日15:15

【豊丘村】七夕に合わせ道の駅「南信州とよおかマルシェ」に平和を願うウクライナカラーの短冊

7月6日水曜日15:23

【阿智村】民間登用に「異論」相次ぐ 阿智村が清内路地区で住民向けリニア説明会

7月6日水曜日15:33

【飯田市・下伊那】飯田下伊那地域でモモの出荷始まる 玉伸び・色づきともに順調で糖度も高め

7月5日火曜日15:09

【泰阜村】任期満了に伴う泰阜村長選まであと1カ月 出馬表明は現職のみ

7月5日火曜日15:18

【飯田市】「アザリー飯田フットボールクラブ」サッカー県リーグ1部で連覇

7月4日月曜日15:50

【飯田市】小林さんと池田さんが「全国ラージボール卓球大会」混合ダブルスで準優勝

7月4日月曜日15:39

【飯田市】飯田高校生徒会がウクライナ避難民との交流会「戦争が起きていることを肌で感じた」

7月2日土曜日13:12

【平谷村】平谷小で「単元内自由進度学習」を初導入 子どもたちが自ら決めて学習を進める

7月2日土曜日13:25

【飯田市・下伊那】南信州日本なし産地再生プロジェクト始動 生産者や農業関係団体、行政機関が一体に

7月1日金曜日15:33

【飯田市】信州大学新学部の設置構想を巡り中村宗一郎学長が検討状況伝える

7月1日金曜日15:19

【松川町】在コスタリカ日本大使が松川町を訪問 東京五輪のホストタウンで感謝の手紙渡す

6月30日木曜日15:39

【飯田市】座光寺の元善光寺で7年に1度の御開帳が閉幕 88日間で20万人以上が参拝

6月30日木曜日15:56

【飯田市・下伊那】市田柿の21年度海外輸出量が過去最大に 欧州も視野に100トン実現を目指す

6月29日水曜日15:02




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022春夏

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞