天竜舟下りは南信州観光公社が継承へ

南信州経済

[ 2022年 8月 20日 土曜日 17時21分 ]

 天竜舟下り事業の継承を巡り、南信州観光公社(高橋充社長)は20日、臨時株主総会を飯田市内で開き、信南交通からM&Aの手法による分社型分割方式で事業を受け継ぐ手順を株主に説明した。高橋社長は地域全体で舟下りを残す必要性を強調し、理解と協力を求めた。

 総会は非公開で開き、事業継承組織「南信州リゾート株式会社」の設立検討案を示して株主の同意を得たほか、これまでの経過、和船文化の伝承と新たな中流域観光振興に向けた事業の方向性、今後の進め方、南信州リゾートが手掛ける11の事業展開について説明した。

 南信州観光公社は、信南交通が今後設立する舟下り事業部門「南信州リゾート株式会社」の株式を取得して100%子会社とし、特定の関係者を対象にした第三者割当増資で資金調達を図る方針。事業の開始時期は未定。船頭を含む天竜舟下りの元従業員16人のうち、希望者は雇用する。

 南信州リゾートは和船下りに新しい魅力を加え、体験プログラムとしてリニューアルするほか、▽和船文化伝承のためのガイダンス施設機能の設置▽ラフティングやパックラフトなどのリバースポーツアクティビティの実施▽サイクルツーリズム、ナイトミュージアムなど新しい動きと連携した商品企画の造成▽天龍峡ガイドサービス▽天竜川食堂・カフェの運営―など11の事業を計画している。

 株主は採算の見通しや買収に必要な費用、スケジュールについて質問したほか、株主となっている市町村への説明も求めた。公社は11の事業を確実に進め、可能な限りに速やかに進めていくなどとした。

 取材に応じた高橋社長は「舟下り観光は地域を支えた替え難い観光資源であり、火を消してしまえば多くの影響が出る。地域が一丸となって知恵を絞り、いろんな工夫をする中で、よりよい形でつないでいくことがDMOの使命。「もやい」の結び直しを契機に相乗効果を上げたい」と述べた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【飯田市】龍江の今田平でイチゴ狩りがオープン 龍江小児童が収穫体験

2月1日水曜日15:15

【飯田市】信州黄金シャモの魅力発信 下農高畜産部が飲食店とラーメン共同開発

2月1日水曜日15:27

【阿南町】マイナンバーカード取得促進へ独自施策 3月末まで申請に商品券給付

1月31日火曜日15:16

【飯田市】上下水道料金値上げの諮問内容を協議 改定時期「10月~来年4月の間」

1月31日火曜日15:24

【長野県・飯田市・下伊那】県議選告示日まであと2カ月

1月30日月曜日15:27

【飯田市】10店舗からお気に入りの1本を 座光寺のエス・バードでシードル試飲販売会

1月30日月曜日15:54

日本の伝統文化に関心のある旅行者向けツアーの造成を目指す 飯田市内でファムツアー

1月28日土曜日13:10

千代小学校の6年生が旧満州開拓団慰霊碑の維持管理活動

1月28日土曜日13:31

【松川町】小渋第3発電所の大規模改修へ向けた起工式 「学びの場」「観光の場」づくりも

1月27日金曜日16:02

【松川町】文化財防火デーに合わせ松川町教育委員会が円満坊で消防訓練実施

1月27日金曜日16:47

【飯田市】大相撲三段目の力士・満津田が松尾相撲クラブを激励 小中学生とぶつかり稽古

1月26日木曜日16:16

【松川町】松川中央小学校で交通安全教室 大型車両通行を受け町とJR東海が連携し企画

1月26日木曜日16:03

グリムスパンキー ニュース 2023.01.22.

1月25日水曜日19:51

【飯田市・下伊那】寒波の影響で今シーズン一番の冷え込みに 飯田で氷点下7.6度を観測

1月25日水曜日15:13

【飯田市】中央高速バス「伊那・飯田―新宿線」協同運行6社が新運賃制度導入へ

1月25日水曜日15:52




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022秋冬

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞