新規就農者13人を激励 仲間づくりや経営を後方支援

南信州経済

[ 2015年 6月 11日 木曜日 11時25分 ]

 飯田下伊那地域で新たに就農した13人を対象にした新規就農者激励会が9日、飯田市内であった。今後の円滑な農業経営や仲間づくりに向け、先輩就農者や農業団体が体験談や活動紹介などを行い、後方支援を約束した。

 仲間づくりの場として、新規就農者の定着を目指す県下伊那農業改良普及センターが毎年開いている。本年度は前年より9人少ない13人が新規に就農しており、全員が参加した。

 会場となったJAみなみ信州営農部の大会議室には就農者の他、同センターやJA、農業委員の関係者、飯伊で多彩な活動を展開している農業団体のメンバーら約50人ほどが参加し、エールを送った。

 あいさつで下島秀昭同センター所長は、ここ6年間の新規就農者が119人になっているとし、「共に農業を目指す人たちの出会いの場にしてほしい」と強調。JAみなみ信州の小林正和常務は「生産者の高齢化と遊休農地の拡大がこの地域の農業の課題。若い皆さんの就農はうれしい限りだ」と歓迎の言葉を寄せた。

 出席者らは自己紹介に続き、将来への抱負を語った。松川町で水稲栽培を始めた久保田純治郎さんは「しっかり技術を学び、生産を通じて地域貢献していきたい」と語った。県外出身者の姿も目立った。

 阿智村で有機農業に取り組む神奈川県出身の板橋耕平さんは「まだまだ未熟だが、教えていただきながらしっかりやっていきたい」。松川町の叔父と果樹園を営む名古屋市出身の奥村祐哉さんは「果物の消費量減や温暖化の影響も心配されるが、それらも視野に入れながらおいしい果物をつくっていきたい」と決意を述べた。

 先輩農業者や複数の地域農業青年組織が活動を発表した。

 脱サラ就農し、2001年から豊丘村で市田柿などの生産に取り組んでいる船橋正晴さんは、自身の体験から、仲間づくりや経営計画の設定と日々の記録、休暇取得の大切さなどをアドバイスした。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【飯田市・下伊那】衆院選が公示、5区は与野党一騎打ち 12日間の短期決戦スタート

10月19日火曜日15:51

【飯田市】長編映画撮影の無償ボランティア募集

10月19日火曜日15:12

【大鹿村】大鹿歌舞伎秋季公演をライブ配信 静かな会場でこん身の演技

10月18日月曜日15:19

【飯田市・下伊那】南信州獅子舞フェスティバルが2年ぶり開催 14団体が勇壮に伝統舞

10月18日月曜日15:41

【飯田市】飯田風越高校で創立120周年記念式典開く

10月16日土曜日14:05

【高森町】高森中3年生が園児に自作の紙芝居を読み聞かせ「すごく喜んでくれた」

10月16日土曜日14:24

【天龍村】国道418号神原トンネル現場見学会に児童らが参加「勉強になった」

10月15日金曜日16:27

【大鹿村】大鹿歌舞伎題材のご当地ポスト「大鹿カブシャンポスト」が道の駅に設置

10月15日金曜日15:04

【長野5区】衆議院解散で総選挙に突入 19日公示、31日投開票

10月14日木曜日15:27

【喬木村】現職・市瀬直史氏が村長選出馬を表明

10月14日木曜日15:18

【豊丘村】地元の味と香りを堪能 小中学校でまつたけ給食

10月13日水曜日15:48

【飯田市】佐藤健飯田市長 就任1年目の市政経営を振り返る

10月13日水曜日15:59

【飯田市・下伊那】緊急事態宣言解除で体験型教育旅行の受け入れが本格化

10月12日火曜日15:45

【天龍村】天龍村の村指定無形民俗文化財「満島神社の秋祭り」開催

10月12日火曜日15:03

【売木村】200キロを走るウルトラマラソン大会を初開催 累計標高差4000メートル超の山岳コースに挑む

10月9日土曜日14:43








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞