昼神温泉で南信州産直フェア開幕

南信州経済

[ 2013年 10月 13日 日曜日 8時57分 ]

 飯田観光協会と阿智村観光協会、南信州広域連合、14市町村などでつくる南信州観光連携プロジェクトが主催する「南信州産直フェア」が12日、阿智村智里の昼神温泉朝市広場で開幕した。15日までの4日間、リンゴやナシなどの果物や野菜、加工品、菓子などを14ブースで販売している。

 通算4回目となることしは3連休に合わせて開き、昨年とほぼ同数の生産組合や自治体、企業などが出店。下伊那農業高校も初めて参加し、野菜や野菜ジュースを販売している。

 会場は初日の午前中から昼神温泉の宿泊客、地元客などでにぎわい、地元在住のましゅ&Keiと大道芸人のさっちゃん、県の観光PRキャラクター「アルクマ」が雰囲気を盛り上げた。

 事務局では「天候が心配されたが晴天に恵まれ、残り2日もよい天気になりそう。この機会に南信州の味覚をアピールしたい」と話している。

 会場では昼神温泉のペア宿泊券、新米コシヒカリ、リンゴ10キロなどがその場で当たる抽選会、きのこ汁の無料サービスも行っている。

 問い合わせは昼神温泉ガイドセンター(電話0265・43・3001)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞