活用調査からスタート

南信州経済

[ 2020年 4月 15日 水曜日 15時01分 ]

 遊休農地の活用や担い手の確保、特産品の開発などを通じ、下條村の農業活性化を目指すNPO法人「元気だ下條」(理事長・金田憲治村長)の開所式が13日に開かれた。村役場に隣接する老人福祉センター内の事務所前に、看板を設置。本年度は遊休農地の活用リスト作成をはじめ、親田辛味大根の生産振興とブランド化に向けた研究などに取り組む。村内にNPOが設けられるのは今回が初めて。

 遊休農地の活用に向け、水路や進入路などの周辺環境を含め、農地が実際に活用可能かどうかの調査から始める。昨年、同村農業委員会が農家へのアンケートを基にまとめた、貸し出し可能な農地240カ所を同法人職員2人が現地調査。本年度中に全箇所を回り、「遊休農地活用調査巡回表」を作成する。

 結果を農業委や村振興課などと共有することで、新規就農希望者や移住者らとのマッチング促進につなげる。

 また、来春には自己保全管理が難しい農地の管理や、耕起・代かき・田植えなどの作業を請け負い、実施事業者へ委託する事業に着手し、優良農地の荒廃を防ぐ。

 近年は生産量が減少している村の特産品で信州の伝統野菜に登録される「親田辛味大根」は、信州大学との連携によりブランド化を推進。土壌と辛味の関係性など3年計画で研究を行い、付加価値を高める。また、情報発信、販路開拓などを同法人が一手に担うことで、農家が生産に集中できる環境を整備し、生産振興を図る。

 来年度以降には、ふるさとワーキングホリデーの受け入れや中古農機具の紹介なども見据える。

 理事長の金田村長は「まずは農業で地域を元気にするモデルケースをつくり上げることで、商工業へも取り組みを広げていきたい」と力を込めた。

◎写真説明:事務所前に看板を掲げる

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【阿智村】村内企業や事業主支援へ 1億円超の新型コロナウイルス緊急経済対策事業

9月25日土曜日14:47

【飯田市】飯田西中1年生が猿庫の泉で野点茶会を体験「抹茶は苦かったけれどすがすがしい気分」

9月25日土曜日13:42

【飯田市・下伊那】マツタケの入荷順調、森林組合北部支所直売所は買い物客でにぎわう

9月24日金曜日17:40

【豊橋市・飯田市】ヤマサちくわがねぎだれに合う練り物を商品化「飯田おでんの具にも」

9月24日金曜日17:08

グリムスパンキーニュース 2021.09.19.

9月23日木曜日16:42

【リニア中央新幹線】長野県内初、伊那山地トンネル青木川工区の本線用トンネル掘削を開始

9月22日水曜日16:15

【飯田市・喬木村】4社がフィットネス市場に向け半生菓子を発売「トレーニングに最適」

9月22日水曜日15:36

【飯田市】市消防団が防災功労者内閣総理大臣表彰「昨年7月豪雨で人命の安全確保と被害軽減に尽力」

9月21日火曜日15:36

【飯田市】「SDGs身近に」田畑茶舗が期限切れのお茶をほうじ茶にする「息吹茶サービス」を開始

9月21日火曜日15:38

【長野5区】衆院任期満了まで1カ月、日程不透明も与野党の動き活発

9月20日月曜日13:58

【飯田市】和田諏訪神社で御柱祭に向けて用材伐採「斧入れ式」

9月20日月曜日13:33

【飯田市】飯田商工会議所が飲食店応援プロジェクト「いいだHappy Eats」始動

9月18日土曜日13:37

【飯田市】飯田署が動物園に委嘱状を交付

9月18日土曜日13:40

【阿南町】阿南高校生が「鈴ケ沢なす」や「鈴ケ沢南蛮」など伝統野菜見学

9月17日金曜日15:28

【飯田市】美術博物館が菱田春草子ども向け鑑賞ガイド作成

9月17日金曜日15:24








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞