県南信農業試験場が赤ナシの新品種を開発

南信州経済

[ 2010年 8月 19日 木曜日 10時50分 ]

 県南信農業試験場(高森町下市田)が赤ナシの早生種の新品種「南農ナシ4号」を開発した。農林水産省に登録申請中で、登録されしだい、県内での本格的な普及栽培に着手する。同試験場によると、赤ナシの早生種を代表する「幸水」よりも収穫期が早く、糖度も高くて食感があり、さらには栽培時の病気に強いのが特長。研究員たちは「消費者にも栽培者にもメリットが大きい品種。長野県を代表するナシに成長させたい」と期待している。市場への流通は6、7年後を見込んでいる。

 新品種は、同試験場で開発された「南水」と「新水」を交配した。「赤ナシの早生種の代表格である幸水よりも早く市場に出回り、おいしく、耐病性も高い品種」を目指し、1991年に研究に着手。約20年がかりで、狙い通りの新品種が完成し、今春の登録申請にこぎつけた。登録されれば、同試験場発のナシの品種は4例目となる。

 新品種は幸水よりも収穫期は1週間ほど早い「8月中旬から9月上旬」、糖度は2度ほど高い「13~15度」という。黒斑病など病気への耐性が強いため、殺菌剤の散布回数の減少に伴うコスト減も見込まれる。

 18日には同試験場で一般公開があり、新品種を含むナシの試食会を実施。新水や幸水などの早生種とともに名前を伏せた状態で来場者に食べ比べてもらった。味や香りの好みを問うアンケートもあり、新種は上々の評価を集めていた。

 小仁所邦彦技師(36)は「くせがない甘みやシャキシャキした食感は多くの消費者に受け入れてもらえる自信がある。病気に強く、収穫期が早いことは生産農家にとってもメリットは大きい」と指摘。「ぜひとも長野県の特産に成長させたい」と話していた。

 同試験場は、新種登録までには「半年から1年」を見込んでおり、本格的な栽培普及は2年後からを予定。収量や収穫適期などの研究、調査も並行して進めるといい「家庭の食卓に並ぶのは6、7年後になるのでは」としている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【飯田市・下伊那】衆院選が公示、5区は与野党一騎打ち 12日間の短期決戦スタート

10月19日火曜日15:51

【飯田市】長編映画撮影の無償ボランティア募集

10月19日火曜日15:12

【大鹿村】大鹿歌舞伎秋季公演をライブ配信 静かな会場でこん身の演技

10月18日月曜日15:19

【飯田市・下伊那】南信州獅子舞フェスティバルが2年ぶり開催 14団体が勇壮に伝統舞

10月18日月曜日15:41

【飯田市】飯田風越高校で創立120周年記念式典開く

10月16日土曜日14:05

【高森町】高森中3年生が園児に自作の紙芝居を読み聞かせ「すごく喜んでくれた」

10月16日土曜日14:24

【天龍村】国道418号神原トンネル現場見学会に児童らが参加「勉強になった」

10月15日金曜日16:27

【大鹿村】大鹿歌舞伎題材のご当地ポスト「大鹿カブシャンポスト」が道の駅に設置

10月15日金曜日15:04

【長野5区】衆議院解散で総選挙に突入 19日公示、31日投開票

10月14日木曜日15:27

【喬木村】現職・市瀬直史氏が村長選出馬を表明

10月14日木曜日15:18

【豊丘村】地元の味と香りを堪能 小中学校でまつたけ給食

10月13日水曜日15:48

【飯田市】佐藤健飯田市長 就任1年目の市政経営を振り返る

10月13日水曜日15:59

【飯田市・下伊那】緊急事態宣言解除で体験型教育旅行の受け入れが本格化

10月12日火曜日15:45

【天龍村】天龍村の村指定無形民俗文化財「満島神社の秋祭り」開催

10月12日火曜日15:03

【売木村】200キロを走るウルトラマラソン大会を初開催 累計標高差4000メートル超の山岳コースに挑む

10月9日土曜日14:43








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞