豊丘村道の駅が完成 「とよおかマルシェ」27日オープン

南信州経済

[ 2018年 4月 18日 水曜日 15時22分 ]

施設前で行われたテープカット

 豊丘村の道の駅「南信州とよおかマルシェ」が完成し18日、竣工式が行われた。関係者約150人が出席、テープカットなどで完成を祝った。村によると、県内では46番目、飯田下伊那では5番目の道の駅となった。オープンは27日。

 屋根付き広場で行われた竣工式で、あいさつに立った下平喜隆村長はリニア中央新幹線の開業などに絡めて将来を展望し「地域の経済、観光、文化の拠点になることを期待する」と述べた。経過報告や祝辞、感謝状の贈呈、テナント入店者の紹介などに続き、林里熊野神社の獅子舞が披露された。

 神稲地区の竜東一貫道路沿いにできた同道の駅は、農産物の直売所と加工所、農家レストラン、焼き立てパンなどのテイクアウトコーナー、多目的室、屋根付きの休憩施設、緑地広場、屋上展望台などを備え、都市と農村との交流や6次産業化推進の拠点となる。テナントスペースには、地元スーパー「パルム豊丘」、喫茶店、クリーニング取次店が入る。

 103台収容の駐車場を含めた開発面積は約1万平方メートルで、用地は村が全て取得。総事業費は約10億円。村は本年度、地域おこし協力隊6人と村職員1人を配置する。

 株式会社「豊かな丘」が村の指定管理者として管理運営する。豊かな丘は村と発起人10人が計300万円出資して昨年12月に設立し、社長には菅沼康臣副村長が就いた。

 村は、中山間地の中心部に生活関連施設を集める「小さな拠点」を、道の駅を中心として整備する方針。小さな拠点づくりに関わる個人出資者を特例的に税制面で国が優遇する「小さな拠点税制」の対象に、全国で初めて認定されている。

 道の駅は直売所などの地域振興施設と、24時間利用できるメイン駐車場やトイレ、道路情報提供施設を備えた休憩施設が併設されているのが特徴。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【飯田市】連合長野飯田地域協議会が佐藤市長と懇談会 「働くことの安心社会の実現」に

12月8日水曜日15:12

【天龍村】天龍小学校で地域の高齢者を講師に伝統行事学ぶ 「おやす」や「しめ縄」餅つき大会も

12月8日水曜日15:11

【リニア】大鹿村の南アルプストンネル「小渋川―釜沢非常口」間の先進坑 JR東海が貫通を発表

12月7日火曜日15:13

【平谷村】ひまわりの森イルミネーションがお目見え 8万1000個が冬の平谷彩る

12月7日火曜日15:46

【下伊那】高森町でマイナンバーカードの出張申請窓口を設置「買い物ついでに申請を」

12月6日月曜日15:07

【飯田市】遠山郷に伝わる湯立て神楽「遠山の霜月祭り」 始まる 熊野神社など8神社で15日まで

12月6日月曜日15:16

【飯田市】エス・バードで南信州環境メッセが開幕 ゼロカーボン社会実現を目指して

12月4日土曜日14:24

【阿智村】昼神温泉郷で湯屋守様を並べ湯立て神事 温泉利用者の無病息災願う

12月4日土曜日14:30

【豊丘村】自転車活用推進計画策定委が下平村長に答申

12月3日金曜日16:40

【高森町】全日本アームレスリング選手権優勝の宮嶋さんが町長を表敬訪問

12月3日金曜日16:45

【飯田市・お練りまつり】本町三丁目大名行列保存会が役者全体会議を開く

12月2日木曜日15:25

【飯田市・お練りまつり】東野大獅子保存会が獅子頭など3点をシルクホテルに展示 宿泊客に祭りをPR

12月2日木曜日15:37

【飯田市】上村小児童が湯立神楽「霜月祭り」に向け横笛を練習「一生懸命吹いて、練習の成果を出したい」

12月1日水曜日15:13

【飯田市】喜久水酒造が国際シードル品評会で県内で唯一の最高賞を受賞

12月1日水曜日15:57

【阿智村】満蒙開拓平和記念館が来館者20万人を達成 平和の尊さ未来へ伝える拠点に

11月30日火曜日15:33




新聞購読について

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




三遠南信biz

南信州企業ナビ

南信州飯田観光ガイド2021

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞