飯田南バイパスの3ルート帯案示される

南信州経済

[ 2018年 12月 21日 金曜日 15時31分 ]

公表された3つのルート帯案(中部地方整備局提供)

 飯田市北方と山本を結ぶ国道153号、通称飯田南バイパス(延長約5キロ)の事業化に向け、計画段階評価手続を進める国土交通省中部地方整備局はこのほど、全線バイパス整備、現道の南側拡幅・北側バイパス整備、全線現道拡幅―の3つのルート帯案を公表した。同整備局は、交通の円滑化や生活環境への配慮、自然環境の保全など各ルート帯案の比較評価を示した上で、本年度中に飯田下伊那地域の地方公共団体や住民、道路利用者らを対象にアンケート調査を実施。ルート帯選定にあたり地域や利用者が重要視する観点を把握する。

 ルート帯案は、土砂災害警戒区域や学校などの公共施設、神社仏閣などの自然的状況による要因(コントロールポイント)に加え、今年3月~4月に飯伊地域の住民らを対象に実施したアンケートをもとに設定。交通の円滑化、交通安全の確保、地域振興の3項目を政策目標に掲げ、渋滞が緩和できるか、自動車の安全性・快適性が向上するか、歩行者の安全性が向上するか、リニア長野県駅から観光地へ早く到着できるかなどを選定のポイントとした。

 全線バイパス整備案(延長約4キロ)は、バイパスに交通が移ることで交通量が減少し、渋滞の緩和が図られる他、線形の良いバイパスができることで安全性が向上する。一方で、全線で道路を新しく整備するため自然環境の変化が大きくなる。費用は約200~220億円。

 現道の南側を拡幅し北側でバイパスを整備する案(延同約6キロ)は、山本小学校北~中村交差点付近は現国道153号の平面線形不良区間を改良しつつ、拡幅。中村交差点付近~飯田IC東交差点付近をバイパス整備することで渋滞を緩和する。急カーブがなくなり安全性が向上する一方、現道改良区間が集落を通過するため沿道改変が必要となる。費用は約190~210億円。

 全線現道拡幅案は、車線数が増えることで渋滞を抑制するとともに、歩道が広くなることで歩行者の安全性が向上する。自然環境の変化が小さい一方、集落近くでの工事となるため工事中における生活環境や沿道改変の影響が大きい。費用は220~240億円。

 本年度中の実施を計画するアンケートは、3案からいずれか一つを選ぶものではなく、望ましいルート帯案を考える際、重要視する項目をたずねるもの。交通の円滑化や安全の確保、自然環境の保全、生活環境への配慮、災害における影響、経済性など10項目について、それぞれ4段階での評価を求めるという。

 同アンケート結果などを基に、有識者らでつくる社会資本整備審議会道路分科会中部地方小委員会(委員長・中村英樹名古屋大学大学院環境学研究科教授)で概略ルートや道路構造などを決定。その後、都市計画・環境影響評価、新規事業採択時評価を経て新規事業採択となる。

 同整備局では「来年度の早い時期に小委員会を開催したい。新規事業採択の時期などまだ目処は立っていないが、早期の事業化へ向け着実に前進している」とした。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【飯田市】飯田女子短期大学で防災講座 体験通じて災害時に生きる術を学ぶ

8月13日土曜日13:52

【飯田市】下伊那農業高校畜産部が明大生と移動式鶏小屋を共同開発「地域と鶏、環境に優しい鶏小屋」

8月13日土曜日13:39

【飯田市】カップめん、ガム、アイスクリーム…昭和の懐かしい自動販売機の数々が展示

8月12日金曜日16:14

【阿智村】満蒙開拓平和記念館「鎮魂の夕べ」で犠牲者追悼 明日の平和へ史実語り継ぐ

8月12日金曜日16:03

【飯田市・下伊那】7高校の図書委員が交流会 他校の活動から新たな取り組みのヒントを探る

8月11日木曜日13:14

【リニア中央新幹線】JR東海が「要対策土」公共事業でも管理の意向 積極的に候補地を探す姿勢示す

8月11日木曜日13:37

【高森町】丸山公園平和の丘で「平和をつなぐつどい」 被爆アオギリ「2世」前に平和への思い強める

8月10日水曜日15:31

【飯田市・下伊那】JAみなみ信州が農作物盗難被害防止のパトロール開始 警察署や市町村とも連携

8月10日水曜日15:13

【長野県知事選】阿部氏が4選「県民の思いに寄り添う」 投票率は過去最低の40.94%

8月9日火曜日15:04

【阿智村】治部坂高原でキバナコスモスが見頃 100万本の花がゲレンデをオレンジ色に彩る

8月9日火曜日15:21

【高森町】廃棄処分の柿の皮を有効活用 松本大学・民間企業・高森町が連携し「市田柿皮ピューレ」開発

8月6日土曜日13:21

【喬木村】阿島里原地区で200本余りのヒマワリが見頃 「平和の種プロジェクト」で地区住民が協力して栽培

8月6日土曜日13:17

【飯田市・下伊那】「帰省ついでに会社見学」0円バスの運行が始まりスポンサー企業を学生らが見学

8月5日金曜日16:05

【長野県】長野県知事選挙7日に投開票 阿部県政12年の是非判断

8月5日金曜日16:53

【飯田市】飯田女子短期大学生が下久堅の伝統文化「ひさかた和紙」の新商品を開発

8月4日木曜日15:56




夏のDiji田甲子園

南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022秋冬

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞